人気ブログランキング | 話題のタグを見る

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり。駐車場の場所→ https://youtu.be/y94TtNOFFoo
かどや酒店 最寄駅からのルート案内→ https://youtu.be/oDojpD6NDBk

【平日営業時間】13:00~18:00
【土曜日営業時間】10:30~18:00
【日曜日営業時間】10:30~15:00


★2月の休業日等★


2/5(月)12(月)19(月)23(金祝)26(月)→定休日
2/8(木)・2/15(日)→臨時休業日

【詳細カレンダー】https://kadoyasake.com/calendar



月刊「スミコとトモコ」2月号 予約受付開始! _d0367608_12542348.jpeg


〜日本酒×ワインのコラボ〜


★単月ごとのお楽しみ★

さあ、名物企画が再登場でございます!

酒屋スタッフとワイン輸入元スタッフの名物女子が選ぶ1本!
銘柄等は一切内緒!!!!!




女子スタッフがチョイスした「日本酒とワイン」を1本ずつ合計2本をチョイスいたします!!

皆様にお届けするお酒のチョイスをするのは・・



【日本酒】←かどや酒店スタッフ「すみこ」
【白ワイン】←ワイン輸入元・ヘレンベルガーホーフさんのスタッフ「ともこ」




かどや酒店スタッフ「すみこ」。
聞いてもないのにバシバシペラペラとにかく喋り倒すキャラ。
お客さんが帰ろうとしてるのに、それでもまだずっと喋ってる。
そんな難儀なキャラですが、ご来店頂くお客さんからの信頼度はなかなか。



「店主なんかよりずっといい」



そんな声を多数頂戴しております(笑)

それに、「すみこさんから買いたい」「すみこさんのファンです」「すみこさんの酒の知識、凄い!」という感想を、ホントによくお客さんから頂戴するのであります。

「すみこさんのお薦めが欲しいです!」といった無謀な方も結構いらっしゃって(笑)、でも後日「すみこさんチョイスのお酒、めちゃ美味しかったので、またチョイスしてください」というリピートリクエストまで!

そんなことがよくあるかどや酒店実店舗。それなら普段実店舗にお越し頂けない皆さんにも「すみこチョイス」をご体験頂こうかなー!と思った次第でございます。




で、もうひとり【ある女子】の事を思い出してしまったのであります。



「そうだ!同じ町内にあるワイン輸入会社に【名物女子スタッフ】がいるじゃないか!!」と。

ドイツやオーストリアのワインが好きすぎて、スタッフ募集してないのに前職を辞めて道場破りのごとく「私を雇ってください!」と輸入元に直談判してしまった程にワインの世界が大好きで大好きで仕方がないお笑い系ファンキーキャラの女子スタッフ「ともこ」。


ホンマにこの「ともこ」はオモロすぎて毎回泣けてきそうなキャラの持ち主。
ワインへの情熱はハンパじゃなくて、実際にドイツまで行ってしまうほど!

醸造所にワインの仕込みの手伝いをしに行ったのか邪魔しに行ったのか分からないけどとにかく造り手さん、そして1本のワインに込められた背景が好きで好きでどうしようもない女子なのでございます。

そんな「ともこ」に、ピュアに「お薦めのワイン」をチョイスして頂きました!

ワイン好きな人だけでなく、日本酒が好きな人にも飲んでもらいたい!という【素敵ワイン】をお楽しみ頂けたらめちゃ嬉しい!


ということで。



【日本酒すみこ】と【ワインともこ】がコラボして【スミコとトモコ】。

毎月募集をし、お渡し準備が整い次第店頭にてお渡しいたします!


酒屋とワイン屋の女子スタッフのコラボを是非お楽しみください!





【企画タイトル】スミコとトモコ
【チョイス酒】すみこチョイスの日本酒720mlと、ともこチョイスのワイン750ml


※場合によってワインは1000mlの時もあります。



2月中旬〜下旬にお届けの「月刊スミコとトモコ」。

今回の日本酒もワインも気合い入っております!

まず、日本酒は「当店に24本しか入荷してこない季節限定酒」らしいです。
つまり、今回の「月刊スミコとトモコ」は【24名のみ】となるようです。

更にトモコがチョイスするワイン、「イメージをガラリと覆す自信」があるみたいです!
2人とも気合い入りすぎ!

これはちょっと、エエ感じとちゃいますかーーー!






〜〜店頭お渡しコース〜〜


【商品価格】6130円
【受取方法】店頭お渡し(準備が整い次第お渡し開始)
【お支払方法】店頭にて随時お支払(現金orキャッシュレス決済)


〜〜発送コース〜〜


【商品価格】6750円(基本的にこの金額以外はかかりません。代引の場合のみ代引手数料別途必要)
【受取方法】発送(準備整い次第当店より発送開始)
【お支払方法】クレジットor銀行振込or代引(代引の場合は別途代引手数料必要)



〜送料等の諸費用について〜

大変申し訳ありませんが、北海道と沖縄への発送の場合のみ(+1000円)加算させて頂く形となります。

また、今回は基本的に常温便で発送予定です。
クール便をご希望の場合は備考欄に【クール便希望】とご記入いただけましたら対応いたします。



★〆切は2/15(木)です。

★予約はコチラ→  https://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/107







# by kadoyasake2 | 2024-02-07 16:25 | 日本酒

バレンタイン。

バレンタイン。

おっさんには全く関係が無いバレンタイン。
ぶっちゃけ、もう興味ない(笑)
とは言うものの、世間は愛の告白をすべくドキドキしている女子も多い事だろう。

何を選べばいいのか?
酒も選択肢のひとつにしてくれたら酒屋は嬉しい。

バレンタインとは無縁の男子は慰めのつもりで自分から自分へ酒を贈ればいいじゃないか。
代金は自分で払わないといけないけど、そこは諦めよう。

ダーっと紹介します。

バレンタイン。_d0367608_16001001.jpg


ジンをもらうと男はちょっとイキってしまう。
宮崎「OSUZU GIN」。

★オリジナルのベーシックタイプ
★宮崎の特産である「金柑」をふんだんに使った柑橘タイプ
★カカオとマスカットを使った、まさにバレンタインが似合いすぎるタイプ


バレンタイン。_d0367608_16001153.jpg

なかなかかっちょええよな。

バレンタイン。_d0367608_16001241.jpg

コレがバレンタインの時期にリリースされる。

バレンタイン。_d0367608_16001313.jpg
スタンダード
バレンタイン。_d0367608_16001480.jpg
金柑

バレンタイン。_d0367608_16033368.jpg

200mlボトルも用意。
カカオバージョン、今なら2023年リリースバージョンも少しだけアリ。

バレンタイン。_d0367608_16044288.jpg

黒木本店さんからリリースの「陶酔中々」は、告白する時の絶対的アイテム。完全優勝な旨さだから、確実に両思いになれる。

バレンタイン。_d0367608_16044337.jpg

樽貯蔵の「百年の孤独」は貴方の気持ちを代弁してくれるはず。

バレンタイン。_d0367608_16321623.jpg

蒸留の最初の部分のみを瓶に詰めた、驚きのテイストを持つ「爆弾ハナタレ」は「衝撃」という言葉が似合いすぎだ。
冷凍庫でキンキンに冷やしてアイスにかけたらもう失神。

こんなに旨い酒になんで俺は今まで出会わなかったんだ!出会わせてくれてありがとう」と君は必ず感謝される。そして逆に告白され、晴れて付き合うことになるだろう。

知らんけど。

バレンタイン。_d0367608_16321784.jpg

この世界は知っておいたほうがいい。

バレンタイン。_d0367608_16044438.jpg

日本の蒸留酒業界のトップクラス的存在の柳田酒造さんが世に送り出す1本。
ミズナラ樽に寝かせた、樽感を存分にアピールしつつもベースとなる麦焼酎の表情をメインにしている「栃栗毛」はチョイスすると「ナイス」と言われるはず。

バレンタイン。_d0367608_16044501.jpg

18年貯蔵の麦焼酎をベースにした樽貯蔵蒸留酒を造るのは、オンリーワンを貫き通す(クラフトマン多田」天盃さん。
アートラベルを纏いつつ中身で勝負な1本。

バレンタイン。_d0367608_16044639.jpg

コーヒーが好きな人にはコレ一択。
これは本気でとんでもない。
コーヒー好きが泣きながら喜ぶ大人のリキュール。マジでとんでもないから。 
バレンタイン。_d0367608_16155238.jpg

更に大人なトキメクドリンク「ペッパースペシャリテ」。ブラックペッパーをベースにした、唯一無二の存在感。ソーダ割りがとにかく素敵で、ハマるから気をつけて。

バレンタイン。_d0367608_16155385.jpg

芋焼酎「コップンカー」。
造り手のキャラがとにかく面白くて的をついてるし、造る焼酎がこらまた旨いので、シンプルに腹が立つ。

バレンタイン。_d0367608_16155479.jpg

2016年ヴィンテージだから、今年で熟成8年目。香りがとても特徴的で、ロックやソーダで飲むと納得。芋焼酎界の革命児が世に送り出す1本。

バレンタイン。_d0367608_16155539.jpg

樽貯蔵麦焼酎を原料のひとつにしたチョコレートボンボン。これは上級クラスの貴族の味わいがあるぞ!6粒で3240円。ハイクラス具合が分かるだろ?

バレンタイン。_d0367608_16155612.jpg

水の代わりに酒を使って仕込んだ「田酒 貴醸酒」。上品すぎるエレガントな甘味は、もううっとり。毎年焦るほどの人気。
当店では2月6日から店頭販売開始。

バレンタイン。_d0367608_16275884.jpg
仙禽グリーンナチュールが今年もやってきた。
「オーガニックで循環させる」という仙禽特有の製法を取り入れ、新感覚の日本酒が完成。これも彼氏喜ぶやろな。

バレンタイン。_d0367608_16295947.jpg

ウイスキーも大いにアリだ。
どうせプレゼントするならJAPANのウイスキーでいこうなやいか。それも老舗ブランドの1本を。

マルスウイスキー2種、今なら選べるぞ。

バレンタイン。_d0367608_16300030.jpg

かっちょええよな。
新興ではなく、敢えて歴史を刻んできた老舗の1本を。

以上。
オンラインショップに掲載してる商品もあれば掲載してない商品もある。

近日中にメールマガジンで情報配信予定だ。
メールマガジンに登録してない人は急いだほうがいい。


【メールマガジン登録】https://kadoya-sake.ocnk.net/mail

【オンラインショップ】https://kadoya-sake.ocnk.net/




# by kadoyasake2 | 2024-02-01 15:55

かどや酒店特注酒「夢心 純米吟醸3種」_d0367608_15585302.jpg

「奈良萬ブランド」を世に送り出す蔵元・夢心酒造さんの地元ブランド「夢心」。

この地元ブランド「夢心」で、別注酒を蔵元さんにお願いいたしました!


★夢心 純米吟醸おりがらみ生720
★夢心 純米吟醸中垂れ生720
★夢心 純米吟醸火入れ720


実はこの3種、【同じタンクで育った酒】なのであります!

そしてこれのオモロいところは、


【同じタンクの同じ酒なのに、味わいがホントに全然違う】というところ。


そんな体験って実はあんまり出来なかったりするのでありますよ。


滓引きする前のうっすらにごっている状態の時に瓶詰めした「純米吟醸おりがらみ生」
搾ってる時の最も安定している部分のみを瓶詰めした「純米吟醸中垂れ生」
香りと味わいを安定させる為に「火入れ」という行程を増やして瓶詰めした「純米吟醸火入れ」


もう一度言いますけど、ホント全然違います!
そしてもう皆さんに飲んでもらう前からもう分かってるんです。

「うわー、ホンマに違うわー」って皆さんが確実に言うことが(笑)



こういう楽しみは、1種の酒だけを飲んでたら絶対に分からない贅沢。

同じタンクなのにこれだけ味わいが異なる。
それを皆さんで体験してみてほしく、夢心酒造社長の東海林さんに直談判し、「いいよ」と快い返事を頂戴しております!

さあ、皆さんどないします?

ホンマどないします?

これ、飲むしかないっしょ!




【出荷開始予定】2024年2月中旬〜下旬


# by kadoyasake2 | 2024-01-31 15:58

2024年1月8日、「磐城壽」鈴木酒造店の鈴木大介氏より電話がありました。_d0367608_17442457.jpg

2024年1月8日、「磐城壽」鈴木酒造店の鈴木大介氏より電話がありました。


「相談がある」と。


ワタクシ、「磐城壽」鈴木大介氏と同い年です。
彼が昔、奈良県にある「梅乃宿」醸造元の梅乃宿酒造さんで修行している時に初めて会って、それからずっとご縁を頂いております。
そして彼の事を無条件に信頼しております。

だから「相談がある」と言われたら、基本的にはその相談内容を聞く前に無条件で引き受けるつもりでおります。



鈴木大介氏からの電話、どんな内容だったか結論から言いますと、こういう内容でした。



「能登に行ってきた。自分に出来る事をやろうと思う。どう思う?



彼の行動力には頭が下がります。


2018年6月18日に、ウチの店がある大阪府茨木市で経験したことのない地震がありました。
ウチの店も被害はちょっとだけでしたが、酒が300本ほど割れてしまい、とにかく焦りました。

その日、「磐城壽」鈴木大介氏は、偶然大阪にいた。
そして、大阪で最も「磐城壽」をアツく発信してくれている飲食店「堂島雪花菜」の間瀬さんとバイクに乗ってウチにお見舞いに来てくれました。


鈴木大介氏は2011年の東日本大震災で蔵を津波で流され、原発の影響で浪江に戻る事が出来ず、とにかく人として経験しなくても良かったであろう多大なる経験をしてしまったにも関わらず福島県を背負って前を向いて今もなお進み続けている男。

そして、自分も経験してしまったことだからこそ、「今できる事は何なのか?」を考え、行動に移そうとしています。




彼から届いた「自分に出来る事」の内容を一部を皆さんにお伝えさせてください。



この度発生した能登半島の地震を受け、知人である「奥能登の白菊」醸造元・白藤酒造さんに物資とお見舞いを手渡しに、1月4日に輪島市に行って参りました。

市内の被害状況は報道以上。
道路崩落・亀裂・土砂流入で寸断箇所多数。
給排水・電気・交通の基本的な生活インフラ復旧までかなりの時間を要する事を覚悟しなければならない厳しい状況であると感じました。

特に珠洲市・輪島市については【東日本大震災超の局所的な地震被害】でありました。

この状況が長引けば、辛い立場に置かれた現地の方々の気持ちが挫け、人口流出によって能登の豊かな文化が失われてしまうのではないかと危惧しているところです。

原発事故で故郷を奪われ。あてもなく車を走らせた当時の苦い心情や、未だ復興途上である浪江町と重なり、少しでもこれを回避できる一助になればと、通常3月11日に販売開始をしていた酒「甦る」の販売を前倒しし、打ち上げの一部を珠洲市と輪島市の両自治体に寄付し、少しでも早い復旧に充てて頂きたいと考えております。






この「甦る」というお酒は、東日本大震災で被災し、山形県へ避難してきた福島の人達と共に形にしてきたお酒です。

「一滴の水・一粒の米が酒になるように、思いやりと心意気の和は限りなく」をコンセプトに作られています。
ラベルには人と人が手を繋ぎ、大きな輪となってます。

こんな時こそ手を繋ぎ、少しでも早くみんなが笑顔になれますように。




多大なる経験をしてしまった鈴木酒造店だからこそ出来る事は何かを考えた。
そしてここは了解を得る形とはなりますが、【売り上げの一部を寄付する】というのは今回については蔵元だけでなく、売り手である酒屋、そして飲み手の方々にも賛同を頂けるなら一部義援金としてご了承頂きたく、今回発売の「甦る」については少しだけ販売価格をプラスされている形となります。



「甦る」一升瓶につき300円(720mlはその半分)を珠洲市と輪島市の自治体に蔵元さんより寄付となります。

また、こちらは当店の独断となりますが、更に当店より一升瓶1本あたり、300円を鈴木酒造店さんに託し、一緒に寄付していただこうと思っております。


つまり、一升瓶1本あたり600円を寄付させていただこうと思っております。



こういう事についてはいろんな意見があると思います。
あって当然です。
でもみんな、「自分に出来る事って何だろう?」と考えたひとつの結果が今回の形です。

もし賛同してくださる方がいらっしゃるならご協力ください。


当店は鈴木酒造店さんに「甦る」のお酒を一升瓶と720ml合わせて180本の注文を入れました
仕入れるお酒が売れようが売れまいが、当店からは一升瓶1本あたり300円(720mlはその半分)を寄付させていただこうと思っております。


(皆さんのおかげであれから何度か追加発注し、1/20現在で一升瓶と720ml合わせて246本仕入れすることができました。)




みんなが、「私には何ができるんだろう」って考えているはず。

そんな時、東日本大震災で多大なる経験をしてしまった蔵元・鈴木酒造店の鈴木大介が現地に行った経験から決めた事。
そして私が信頼するひとりの男が決めた支援の方法なんだから、悪いけど俺は大いに賛同する。

彼は酒を造っているから酒を通じて酒屋・飲み手の皆さんと何かできないか考えたひとつの答えがこれだったんだと思う。
もっというなら、彼は既に個人的にいろんな経験をしてしまったからこそ被災してしまった人達の気持ちが分かる男。
そういうことだと私は思ってます。


※「甦る」のお酒は今期新酒分を含め、蔵が貯蔵熟成させているお酒から出荷されます。
ヴィンテージについては選択できませんのでその点ご理解ください

※義援金送金先は現段階では珠洲市役所と輪島市役所ですが、今後の状況により送金先を拡大する可能性があります事ご理解ください。

オンラインショップのほうにアップいたしました。


# by kadoyasake2 | 2024-01-20 17:44

お知らせしてますとおり、1月21日(日)は臨時休業日です。
どうぞよろしくお願いします。

# by kadoyasake2 | 2024-01-20 14:44