人気ブログランキング |

奈良萬づくし

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:30~19:00(火~金)10:30~18:00(土日) 月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり
★現在参加者募集中のイベント★ →https://coubic.com/kadoyasake/

★スタッフ募集中! 詳細はお電話ください→072-625-0787



9月中旬、酒の会の打ち合わせで福島県「奈良萬」醸造元・夢心酒造の東海林さんと大阪で飲みながらミーティングしてました。

d0367608_16465667.jpg

先週23日、西天満にある「おうちごはん梅子町」さんんで「奈良萬の会」がありました。

d0367608_11460026.jpg

そして、昨日は地元・茨木市で「奈良萬」の東海林さんと酒飲んでました。

d0367608_16465667.jpg





もう、奈良萬づくしです。

っていうか、奈良萬の東海林さん、大阪来すぎ(笑)
それも、大阪市内じゃなくて茨木市に出没し過ぎ(^_^)v


今月3回会ってますけど、3回とも晩飯は茨木市でした。

そう。

大阪・北摂地域は奈良萬がアツい地域なのです。


皆さん、こぞって「奈良萬」を飲みましょう。


北摂と言えば「奈良萬」。

奈良萬と言えば「北摂」。


そんな方程式が数年前から定着している北摂地域。


素晴らしすぎます。



d0367608_16465667.jpg
北摂のみんな!

奈良萬をよろしく(^_^)v







ということで、先日お客さんに書いてもらった酒のPOPも、「奈良萬」がもっとも多かった。

奈良萬の中でも純米生“中垂れ”にはファンが多い。

d0367608_16490337.jpg

まあ皆さん飲んでみて。

北摂の酒屋に足を運んでくれるのであれば「奈良萬」は鉄板。

その鉄板酒を飲まずして、かどや酒店に足を踏み入れる事はできないかもしれない。

それくらい強制購入希望レベル酒。

皆さんお待ちしております。


d0367608_19081616.jpg
奈良萬の旬酒「ひやおろし」だってあるゼ。


そして。

東海林さんが尊敬する西田さん率いる「田酒」醸造元・西田酒造店さんより年1回のハイレベル純米吟醸到着。

山廃仕込みの純米吟醸。


d0367608_16491079.jpg

しかし。
これを飲んでも誰も山廃仕込みだとは分からない。

それくらいに緻密な味わい。

広がる香りが優しく華やかでエレガント。

ホントに山廃?

そう、ホントに山廃なんです。


720ml限定。

1本1728円(税込)。

店頭にて販売中。

おひとり様(1グループ様)1本にてお願いしております。

ハイクラスな味わいで2000円もしないという感動。

冷やしてワイングラスに注いで味わうもよし。

田酒山廃純米吟醸を飲む時間が、きっと貴方にとって至福の時となることでしょう(断言できる)。



d0367608_16492194.jpg
存在感抜群「若波FY-2」。

リンゴ酸炸裂。
なんでこんなに上品なのか。

ん~、悔しい。

こちらもワイングラスが似合うかもしれない。


d0367608_16491529.jpg

先日、この「〆張鶴純米吟醸山田錦」を燗にして頂きました。

久々に鳥肌が。

うん、これは本気で感動する。


次の酒の会ではこの酒を燗でみんなに飲んで欲しいわマジで。

やっぱり凄いぞ〆張鶴。新潟最高。




最後に。




この酒の本性がバレつつある。

「すさまじく旨いぞ」という事が。

前にお客さんが言ってました。

「なんで俺はもっと早くこの酒に出会わなかったんやろか」と。

そして私は答えました。

「遅くないです。今だから出会ったんですよ」と。


俺、エエ事言うてますやん(笑)
完全にイキってますやん(笑)


ということで、本性が明らかになってきている酒とは、


d0367608_16492865.jpg

大黒正宗吟醸なまざけ


関西灘の男前。

男前すぎてジェラシーもない。

手に届きそうなのにほんのちょっとだけ届かない存在の男前。

でもこの男前は体感すべき。

これはまずい。
バレてしまったこと、本当にまずい。

みんなコレを飲んで幸せになってしまうんじゃないかとドキドキしております。


やはり自慢できる。

大黒正宗吟醸なまざけ。




10月1日。
日曜日です。
そこら中でイベントあります。
きっとウチには誰も来てくれないでしょう。

知らんぷりをされるのも悲しく、寂しいものがありますので今から何かやろうか考えようと思うのですが手遅れで何も思いつきません。

ひとまず10月1日、来てください。
待ってます。
よろしくお願いします。




# by kadoyasake2 | 2017-09-27 17:15 | 日本酒 | Comments(0)

西天満で「奈良萬」の会

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:30~19:00(火~金)10:30~18:00(土日) 月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり
★現在参加者募集中のイベント★ →https://coubic.com/kadoyasake/




昨日は大阪・西天満で「奈良萬」の会。
喜多方より東海林さんにお越し頂き、たっぷり奈良萬を堪能して頂きました。

会場となったのは、なかなかアツい男が仕切る店「おうちごはん梅子町」さん。


d0367608_11460026.jpg

東海林さん搭乗予定の飛行機トラブルで少し遅れて大阪入り。
それでも遅刻無し。
さすが東海林さん。

d0367608_11461018.jpg

おなじみの東海林トークにて笑いがたっぷりありながら奈良萬を猛烈に堪能していただけました。


d0367608_11460471.jpg

熟成があったり非売品があったり。
もうワクワクものでございます。
地球上に47本しかない「アレ」を目の前に、皆さん目がハート。


奈良萬の名前を覚えて頂けて良かったです。



それから茨木市へ移動。


西天満界隈で打ち上げしてもよかったんですけど、打ち上げに参加するメンバーみんな「茨木つながり(東海林さんは茨木に宿泊・それ以外のメンバーは全員茨木市在住)」なので、ギリギリまでゆっくり飲める茨木市に移動したって訳。


最近やっぱり12時前くらいまで飲むと体が悲鳴を上げてますね。
さすが45歳。バリバリ中年。


それでも俺はフレッシュなふりをして人生駆け抜けたいと思っておりますm(_ _)m。




さて。

本日も継続販売中。

d0367608_15300155.jpg

ワンランク上の大人を目指す人は選んでます。

米と本気で向き合う蔵元の酒。

大人の魅力をご体験あれ。


d0367608_15294927.jpg

木屋正酒造のチャレンジタンク。

今年は14号酵母を使用。

ふんわりやわらかな香りと味わい、そして奥行きがまさしく「木屋正らしさ」。


d0367608_18383382.jpg

今、ノってる蔵元・若波酒造の「若波 純米吟醸 寿限無」。

平成28酒造年度のチャーミングさと存在感は素晴らしい。

この「寿限無」というお米、福岡県で4軒の蔵元さんのみで使っている米。

あえて「寿限無」を使った酒。
飲むべき酒のひとつ。


d0367608_18392782.jpg
玄葉さんの酒。
あぶくま。

ホントに毎回悔しい。

なんでこんなに馴染むのか。

ホント悔しい。

「あぶくまひやおろし」

現在一升瓶が当店のミスで品切中。

来週また入荷予定。


d0367608_13160721.jpg

本日は18時までの営業です。
よろしくお願いいたします。





# by kadoyasake2 | 2017-09-24 12:49 | Comments(0)

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:30~19:00(火~金)10:30~18:00(土日) 月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり
★現在参加者募集中のイベント★ →https://coubic.com/kadoyasake/


9/23(土)は祝日なんでホントなら定休日なんですが。

臨時営業いたします。

短縮営業です。

10時半~15時まで。

たった4時間半。

やる気なしと思われるかもしれませんが、

本当は休みなんで「やる気あり!」と解釈をお願いいたします(^_^)v



明日は祝日。


祝日といっても土曜日。

ほとんどの人が「土曜と祝日はカブらないで」と思ってるはず。


諦めてください。


これも宿命。


土曜と祝日がカブってしまいイラッとしている皆様へ朗報。


当店、やってます。


素敵な祝日を過ごす為には、かどや酒店が必要。

そう思っていただけるよう、笑顔を絶やすことの無いよう頑張っていきたいと思ってます(笑顔から練習せなあかん)。



今、ウチの店には、非常にたくさんの旬の酒が並んでおります。

正直なところ、全部味わって欲しい。

大好きな蔵元さんのお酒だから、全部味わって欲しい。

これ本音。


しかし、やっぱりそれは難しいのが現実。


なので、明日もし当店にお越しくださる用事があるとすれば、今回は是非とも今から紹介いたしますお酒をお試しください。



d0367608_15293793.jpg

鹿児島県国分酒造さんより新焼酎到着。

蒸留したての新酒。
アルコール度数38度。
「今年はしっかりアルコールが出た」と、国分酒造の笹山さん。

蒸留したてしか感じる事のできないこの香り。
素敵です。

この香りと味わいは、仕込み真っ最中の酒蔵で体験できる香りと味わい。
それをご家庭で味わえてしまう感動。

ご予約くださっている皆様には本日より順次出荷開始しております。

今!
味わうべき新焼酎。
どうぞよろしくお願いいたします。



d0367608_15302172.jpg

秋酒のドン「あぶくま純米吟醸ひやおろし」。

大人。

大人の秋を過ごしてください。

大人の秋に必須なのがこの酒。

口に含むとのけぞってしまう旨さ。

明日23日に手に入れるべき酒です。


d0367608_15300607.jpg

ご縁をいただいている飲食店店主さんから「あの酒、まだある?びっくりしたよ美味しすぎて」とリピートいただいているのが宮城「山和純米吟醸ひやおろし“夜長”」。

日本酒業界ナンバーワンのファッションリーダー・伊藤さんが世に送る秋酒。

黙って飲めば全てが分かる。


d0367608_15300155.jpg

落ち着く。

ホント落ち着く。

この酒を飲み出したら、全ての事を放棄してこの酒と向き合いたくなる。

この酒との時間を大切にしたいと思えてしまう。

それが「会津娘 芳醇純米」。

「あぶくま純米吟醸ひやおろし」とはまた違った大人の表情を持つ。

ダンディー。
シンプルなダンディーさがここにある。

紳士よ、素直に「会津娘」を黙って手に取れ。
貴方の価値が更に上がる。



d0367608_15301476.jpg

やんちゃな蔵元・阿久津氏が造る「大那」も、秋になると穏やかに丸くなる。

それでもやっぱり大那らしさは健在。

素朴さの中に「俺は大那だよ」と、チラチラ顔を見せる。

無言の魅力は、大那の一番の存在感。

ハートを打ち抜かれないように気をつけて。



d0367608_15295501.jpg

青森の雄、西田酒造店さんのみで使用されている「古城錦」という酒米を使用。

消えかけていた米の品種を見頃復活させ、西田酒造店のみで使用しているオンリーワン酒。

蔵人さんが育てる「古城錦」を収穫し、酒に仕込む。

「オール西田」の味わいを楽しんで欲しい。

シュッと背筋が伸びる味わい。


d0367608_15294415.jpg

同じく「チーム西田」率いる西田酒造店さんからの年1回限定出荷の大吟醸。

「善知鳥(うとう)」って何?
そんな質問を頂戴することがあります。

私が説明すると大間違いするかもしれないので、是非とも「西田酒造店オフィシャルHP」をご覧あれ。


明日、手に入れて家でゆっくりお楽しみください。



d0367608_15294927.jpg

三重・木屋正酒造さんの新しいチャレンジ。

地元のみで流通している「高砂」ブランドを冠に、「而今」ブランドとはまた違った造りにチャレンジしていく。

「高砂ブランド」「而今ブランド」共に、違った表情でありながらも『木屋正酒造らしさ』をたっぷり表現してくれています。

地元三重県産山田錦を使った純米大吟醸。

是非「木屋正酒造らしさ」をご体験ください。





d0367608_16233229.jpg

先日、家族で京都動物園に行ってきました。

ここ、良かったです。
動物との距離も近かったし、動物園そのものがコンパクトだったんで、また来たくなる動物園。

その帰り、京都動物園の近くにある我がアニキの酒屋へゲリラ訪問。

その酒屋さんの名は「聖護院とみなが酒店」さん。


人生の大先輩なのですが、大好きな酒屋さん。

日本文化の事をアツく、アツすぎる程に語ってくれるのですが、服装は見事にアメリカン。
バリバリのアメカジ。

写真はありませんが、是非会って欲しいアニキです。



明日は10時半~15時までの短縮営業。

ご来店お待ちしております。





# by kadoyasake2 | 2017-09-22 16:33 | 日本酒 | Comments(0)

会津娘芳醇純米

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:30~19:00(火~金)10:30~18:00(土日) 月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり
★現在参加者募集中のイベント★ →https://coubic.com/kadoyasake/

d0367608_12331012.jpg


落ち着く。ホントに落ち着く。


会津娘 芳醇純米酒


d0367608_12331589.jpg


貴方を見事に癒やしてくれる、そんな味わいのお酒が入荷しました。







# by kadoyasake2 | 2017-09-21 12:33 | 日本酒 | Comments(0)

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:30~19:00(火~金)10:30~18:00(土日) 月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり
★現在参加者募集中のイベント★ →https://coubic.com/kadoyasake/

★スタッフ募集中! 詳細はお電話ください→072-625-0787



またサボっておりました。ブログ更新。

ま、実際のところ、そないにたくさんの方々にご覧頂いている訳でもなさそうなんで更新しなくても「全然エエで」という方が多いかと思いますが、やっぱりブログ更新は日常の生活の一部となっておりますのでサボらずにボチボチやっていこうと思っております。


先週末の秋酒有料試飲会にお越しくださった皆様ありがとうございました。

私は別件で行方不明になっておりましたが、どうも話を聞いていると、やはり私が不在のほうが「かどやの空気が綺麗」という感じらしいですね(笑)これは非常にいい感じ。私も綺麗な空気のほうがいい(笑)


当店ムキムキスタッフの「すみこ」と、黒幕の男の2人にてお客さんの笑顔が増えるなら、本当に嬉しい限りでございます。


また「ワタクシ不在」の「空気が綺麗な」当店にて、いろんな角度からお酒に触れあって頂ける機会を作っていけたらと考えております。

マイクロ酒屋の当店、これからも皆さんに忘れられないようにしっかりやっていきますんでどうぞよろしくお願いいたします。



d0367608_18384687.jpg

冩樂のお米の産地違い2種が好評です。
嬉しいです。

「冩樂」を造る宮泉銘醸さん、実は「冩樂ブランド」の生産量を昨年度より減らしています。

質を更に高める為。

そう。

それが見事に表現されております。

味わってみてください。

店頭のみの販売となっております。
現在「赤磐雄町1800・720」「備前雄町1800・720」を店頭にて販売中。



d0367608_18392782.jpg

イカしてる「あぶくま純米吟醸ひやおろし」。

やはり素敵です。

まだ飲んでない人がいるということが私は不思議でたまらない。

出会わなければいけない酒「あぶくま純米吟醸ひやおろし」。

ゲットすべき秋酒です。


d0367608_18383382.jpg

「寿限無」という酒米を使った「若波純米吟醸 寿限無」。

先日よりヴィンテージチェンジし、28BY販売開始。
ニクい酒。いい感じです。
この優しい香りと旨味にコテンパンにされる人が増えるはず。

知らんでー。


d0367608_13370711.jpg

奈良の暴れん坊「大倉」の秋酒。

当店在庫ラスト1本で今期終了となります。

いいですよねこの酒。
燗にメロメロ。


d0367608_18382863.jpg

「『大阪』っていうお酒が美味しかったのよ」とお声がけくださる数人の皆様へ。

『大阪』じゃなく『大那』って書いてるんですよ。

大阪の酒じゃなくて栃木県の酒。

この秋酒もイラッとします。
イキることなくゆっくり飲みたい。

いや、秋の夜長、月を見ながらゆっくり軽くイキって飲みたい酒ですねコレ。


今年の秋酒は全て昨年以上に旨味を感じて味がノっててホンマにいいと私は思う。
お世辞抜きで。



ということで、本題。


9月23日(土)は祝日ですんでホンマなら定休日ですが、臨時営業いたします。

時間が中途半端でございます。


10:30~15:00



そう。
15時にて閉店いたします。

15時に閉店するのは初めてやわー。
怒られるやろか?

いや、ホンマなら定休日のところ、こっちの都合で臨時開店させてもらうので営業時間は許してもらおう。


なんで15時閉店なのか?


別件でちょっと用事がありますねん。


試飲会とかそういうのは何もしませんが、お越しくださった皆様にはいろんな意味で楽しんで頂けたらと思っております。

当店に一度も店頭に並んだ事のないお酒を並べてみたりと、まあ分かりませんが今から考えます。


お越しください。
15時閉店ですよ。

よろしくお願いいたします。




# by kadoyasake2 | 2017-09-20 10:07 | Comments(0)