人気ブログランキング |

カテゴリ:日本酒( 232 )

量り売りの告知も忘れるし、店頭販売の告知も忘れるし。
俺は一体何をしてるんや。

最近なかなか洗濯物が乾かない。
なので、いつも履いてるジーンズが現在干されてる状態。
なので、しばらく履いてなかったジーンズを取り出したら、なんか「ずっとタンスに入れていた臭」っていう奴をまあまあ感じる。
臭い。
臭い。
そう、本日のワタクシ、臭いです。
「ずっとタンスに入れていた臭」がします。
ご勘弁を。


d0367608_11302859.jpg
こんな感じで量り売りしてます。
これはほんの一部。
焼酎もバシッとご用意。


そして、先日よりさりげなく店頭販売しておりますのは、

d0367608_11302065.jpg
「飛露喜 純米大吟醸720@2916」

福島県会津坂下町のお酒。
造り手の廣木さん、ワタクシ大好きです。
しょっちゅう顔を合わしている訳じゃないんですけど、今の「かどや酒店」の指針となってくれたアニキ。

廣木さんのひとことひとことがズンと重く突き刺さり、今までの自分の考え方や方向性を確認するきっかけの言葉をくれる。
すげーありがたい存在でございます。

そしてこの酒。
山田錦50%精米の純米大吟醸。
ワイングラスでも日本酒の酒器でもバシッと馴染んでくれるこのお酒は、私は「日常に寄り添うハイクラス」と呼んでおります。
価格的にとんでもなく高い訳じゃないので毎日の晩酌でも楽しめそうなんだけど、あえて今はキープしておきつつ、とっておきの時に飲みたい。そう思わせてくれる風格があると私は思っております。

是非手にして欲しいお酒です。
もともと少ない量ですが、その中でも出来るだけ多くの方に手に取って欲しいので、1グループ様1本でお願いしております。
御理解の程よろしくお願いいたします。


d0367608_11593136.jpg
「謳歌ときろく」の飲み比べを推奨させていただいておりました。
「謳歌ときろく」はラベルを見てもらって分かるとおり、兄弟。

ジャンルは違えど、同じ親から生まれた兄弟。
個性も性格も違うけど、やっぱり共通した「何か」を感じる。

そう、その「何か」を感じる事ができるのは、実際に飲み比べを体験した人のみ。

「お、これが言うてた焼酎やな」と賛同していただける人が居てくれて本当に嬉しいです。
まあ、ヤバいから。

ということで、今日も閑散とした酒屋でお待ちしておりますー。



by kadoyasake2 | 2019-07-21 11:43 | 日本酒 | Comments(0)

告知忘れてました!
本日21日は
店内量り売り大会!

日本酒と焼酎
量り売り対象商品をバシッと揃えて
18時までご来店お待ちしてます!

by kadoyasake2 | 2019-07-21 09:09 | 日本酒 | Comments(0)

d0367608_09240197.jpg

伝えたい酒「会津娘 純米吟醸 花坂境22」

多くの方に話を聞いてもらえてマジで嬉しいです。




by kadoyasake2 | 2019-07-17 09:23 | 日本酒 | Comments(0)

d0367608_10575491.jpg
飲み比べしてください。
強制的です。

当店は「強制的」が多いです。
なぜか?

そういうことです。
何でも体験してみないと分からん。
ソーダ割り最高。
クドいですが、ソーダ割り最高。





昨年から店頭に登場してました「おび蒸留屋あやこまち」
本日より店頭販売開始。

d0367608_10573598.jpg
2018ヴィンテージと

d0367608_10574497.jpg
2019ヴィンテージをご用意。

知らんで、泣いても。



d0367608_10580598.jpg
鹿児島・大海酒造さんから、芋焼酎のもろみに大隅半島名産の緑茶を投入し、蒸留。
緑茶の風味を楽しめる新感覚芋焼酎。



d0367608_10571409.jpg
毎年「海の日」以降に登場する恒例の芋焼酎。
なんらかのテーマを持って造られてます。

今年は、香りがいいジョイホワイトをあえてしばらく熟成させてから仕込みに使用。
ライチのような香りも楽しめる、ワクワクする芋焼酎に仕上がってます。



d0367608_10572343.jpg

原酒も登場してます。

共に仕込み年度は2018年。
そして、原酒は2018年瓶詰めして貯蔵。一升瓶のほうは2019年に入ってから25度に調整して瓶詰め、貯蔵。
そういうこと。


d0367608_10581519.jpg

会津娘の新しいチャレンジ。
もう、このお酒については語りたい事がたくさんありすぎて困ります。

あえて簡単に言うとすれば、「1枚の田んぼから1つの酒を造る」


付属のQRコードをスマホで読み取って下さい。
このお酒がどこの田んぼで育ったお米を原料にしているか一目瞭然。

また、会津を訪れた気分になれるかもしれません。

自分が今飲んでるお酒が、こういうところで造られてるんだ。
そんな体験もできるかも。


【会津娘 純米吟醸 花坂境22 詳細→ http://kadoya-sake.ocnk.net/product/1876 】


d0367608_11102704.jpg

8月下旬から11月下旬までの4ヶ月間お届けする頒布会、予約受付スタートしてます。
全ての皆様、webからお願いします。
店頭お渡し希望の方は、備考欄に「店頭受取希望」とご記入ください。

【頒布会詳細→ http://kadoya-sake.ocnk.net/product/1815 】


当店はずっとずっと前から複数種のお酒の飲み比べを大いに推奨しております。
10年以上とかそんなんじゃない。
ウチがコンビニしてた頃、20年以上前からオススメしてるかも!

飲み比べは銘柄問わず。
1つの酒を飲み続ける楽しみもひとつですが、それを更にパワーアップして頂くべく、複数種のお酒の飲み比べをグイグイ推奨中。

なんでかというと、1つの酒を飲み続けてたら分からない発見が、複数種のお酒を飲み比べすることで「へ~、これはこういう感じなんや」とか「こう来たか!」みたいな感じで新たしい発見がある。


頒布会、2種お届けします。
飲み比べしてみて下さい。
また、新しい発見をしてみて下さい。
日本酒の新たな世界を知って下さい。
楽しさの幅を広げて下さい。


飲み比べっていうといろんな意見があるのは知ってる。
頒布会もそう。
捉えられ方でいろいろな面があるのは重々承知の上。

でもね、そんなん知らん。
面白い体験をしてもらえる!って思うから、やってるだけ。

関係ない。
言う人は言う。
言う人って、言う人やし。

気に入らんかったらスルーしてください。
それだけでエエと私は思う。


ということで、楽しそうやな!って感じてくれる方、もしいらしゃったら是非どうぞ。




3連休どうでした?
私は定休日の月曜だけが休みやったんですけど、月曜が祝日になってくれるのはウチにとってはかなり貴重。

保育園も小学校も休みで、酒屋も休み。
家族がたらふく遊べる1日。

だから昨日も遊びました。
沢ガニ探しまくり。
川遊びしまくり。
子供はハッスル。
親はヘロヘロ。

いい時間でした。




今週もどうぞよろしくお願いいたします。





by kadoyasake2 | 2019-07-16 11:21 | 日本酒 | Comments(0)

d0367608_18543131.jpg

週末は、伝えたい事がたくさんあります。

特に、「会津娘」の事。


「会津娘の話を聞きたい」とスタッフに言うてください。


週末は「会津娘 花坂境」を是非。




by kadoyasake2 | 2019-07-12 18:53 | 日本酒 | Comments(0)

d0367608_21463341.jpg

「穣シリーズ」会津娘純米吟醸“花坂境22”

詳しくは明日。




by kadoyasake2 | 2019-07-11 21:46 | 日本酒 | Comments(0)

日曜のかどや。

d0367608_19042503.jpg

DATE SEVEN
7月7日
10時半
店頭販売開始

販売予定数量がなくなり次第終了となります。

宮城県の7つの蔵元が、お互いの酒造技術研鑽のために結成したユニット。
それが「DATE SEVEN」。

よく考えてみてください。
同業者同士。
ある意味、ライバル同士ですわ。
そんな間柄で、お互いの技術だったりノウハウだったりを公開するって、すごくないっすか?

これ、なかなかないと思います。

これ、それぞれの蔵の自信の表れやと思う。
ノウハウを知ったところで、そんなに簡単に同じことできるはずないって分かってるから。
でもそれを同業者の間で共有し、お互いにこの業界で頑張っていこう!という意思表示なんだろうなと勝手に解釈しております。

ということで、最前線の技術の結晶が集まった最高の酒を是非手にしてください。

10時半から店頭販売開始。
在庫なくなり次第終了。

ご来店お待ちしております!

d0367608_12165558.jpg
謳歌ロスが解消したとたん!
謳歌祭りでしたよ!
きっと日曜日もそうなると思うっていうか、そうなるから!








by kadoyasake2 | 2019-07-07 00:29 | 日本酒 | Comments(0)

車を使わず、徒歩で来る期間。
それが大阪「G20」期間。

高速道路封鎖。
公共交通機関使用。

であれば、酒屋で酒が飲める。

ということで、



6/27~6/29の3日間、1種の限定酒のグラス酒をやります。

1杯300円で、あるお酒の有料試飲をしていただけます。

しかし。
アテはありません。
立ち飲みじゃないので、アテはありません。
アテの持ち込みとかもできません。

無料試飲のワンランク上、「有料試飲」という形になります。


買い物ついでに1杯、限定のお酒を300円で飲めるっていう軽いノリでございます。

「有料試飲のお酒って何ですか?」ってスタッフに聞いていただければ「コレです」とご紹介!!!
お気軽にお尋ねくださいませ。


お待ちしてますーーー!





今日、なんでこんなに何度も更新してるか分かります?
それは・・・


恥ずかしくて言えるかいな(笑)


by kadoyasake2 | 2019-06-27 14:28 | 日本酒 | Comments(0)

明日は親父が泣く日。
いや、親父がドキドキする日。

ウチの子供達、なんかくれるかなー。

そんなことを考えている日。


何をプレゼントしたらいいのか?

酒でいきましょ。

服とかなんかいろいろあると思うねんけど、まあまあセンスとかあるから合わなかったりするかもしれない。

お酒なら、まあまあストライクゾーン広いぞ!

なんでかというと、


親父は自分で飲む酒は、自分のなけなしの小遣いから自分の好みの酒を買ってます。
毎日の晩酌はそれでエエのです。

じゃあ、そんな親父にどんなお酒をプレゼントすればいいのか?


そう。

普段は自分で買わない酒。自分で買えない酒。

非日常なお酒。

それでいいのです。

それ以上の内容は内緒。是非とも当店にお越し頂き、親父達が確実に喜ぶ酒チョイスを私たちとミーティングしましょう(^_^)v



そしてもうひとつ、親父を確実に感動させる方法。

それは、


「親父と一緒にその酒を飲む」


1日前の今日でもエエと思います。
土曜日やしね。


「親父!今日親父のとこに遊びに行くわ!」って電話入れたり、
「親父!今日一緒に飲もうぜ!」ってLINE入れるだけでOK。

そして、親父に渡す酒を酒屋で買って、それを親父に渡す。

で、「親父!一緒に飲もうやないか!」と言う!
そこに酒のアテなんか買って持っていってもエエかもしれんな!!!


もうね、これで親父は心の中で泣いてます。
本気で泣きたいけど、オッサンは全員プライドが高いので「嬉しい」とか言わないし、嬉しいということがバレる表情を懸命に表に出さないようにアホみたいな努力をするのです(笑)

素直に「嬉しいやん!」って言うんやぞ!親父!


息子や娘と飲む酒、そしてそんな時間を親父は待ってます。
親父はまあまあヘタレなんで、子供達に「一緒に飲もうや」とか、よう言わんのです(笑)

誘おう!ヘタレな親父を!
そして泣かせよう!

親父って、まあまあ頑張ってます。
ヘタレですが、頑張ってます。
偉そうな親父ほど、ヘタレでシャイ。
親父の事ムカついてる人も多いと思うけど、あれ全部強がりやから。
強がってしまってしょうもないプライドがあって、出来てしまった子供達との距離感をどうやって縮めたらエエのか分からんようになってしまってるだけなんです。


だから、頼むから皆さんから親父に声を掛けてあげて下さい。

絶対に泣くから(笑)

母の日より注目度が低い父の日。


泣かしてやれ。
親父を泣かしてやろうじゃないか。

父の日にプレゼントを渡したり一緒に飲むだけでも親父は感動するねんけど、それに加えて「いつもありがとう」なんて親父に言うたら、もう絶対に親父「ちょっとトイレに行ってくる」って言うて出てこなくなるで(笑)

絶対にトイレで泣きよるねん。間違いない。



私が21歳の時にウチの親父は49歳で他界しました。
ひとつ悔やまれる事は、「一緒に酒を飲んだことがない」

あの時は私も猛烈に強がってたし、反発してたし、親父と一緒に酒を飲みたいとこれっぽっちも考えたことなかった。

でも不思議なもんです。

自分に家族が出来て「親父」という立場になってみて、それに加えて49歳で他界した親父の年齢にあと少しっていうところまで近づいてきた。

そしたらちょっと親父の気持ちがいろいろ分かるような気がしてくるんですよ。

俺は49歳では死ねないのでまだまだハッスルしますが(笑)、今6歳の息子が20歳になって「親父!一緒に飲もうぜ!」とか言うてくれたら嬉しいわなー。

その時はきっと、しょうもないプライドで偉そうにしてるかもしれんけど、心の中ではかなり喜んでるような気がする(笑)

ということで、皆さん!
親父と一緒に飲んでやって下さい。


「父の日は親父と飲もう」

これを提唱しているのは、鹿児島・大海酒造の山下さん。
是非とも明日は親父と一緒に酒を酌み交わして下さい!!!


今日も明日もご来店お待ちしております!

by kadoyasake2 | 2019-06-15 10:41 | 日本酒 | Comments(0)

d0367608_18584976.jpg

「而今」を造る木屋正酒造さんより6月18日、「而今 特上雄町 純米大吟醸720ml」が限定発売されます。


この酒、どういうストーリーがあったのでしょうか。


「特上雄町」というのがキーワード。


雄町という酒米。
岡山県が栽培地として有名です。
今回の「特上雄町」も岡山県産。

酒米「雄町」が発見されたのは100年以上前。
現在様々な品種の酒米が栽培されていますが、その中でも混血じゃない酒米は雄町のみ(改良雄町とは違います)。

原生種(品種改良されていない古代品種)の為栽培はとてもとても難しい。
とにかく背が高いんですよ。
背が高いと倒れやすいし、背が高くて登熟しにくい。

なので、通常出来上がったお米は1等や2等が主体でした。

昭和26年農産物検査法が出来てから、雄町の「特上」は世に一度も出ていません。(トップから「特上・特等・1等・2等・3等・規格外」)

品種改良していない古代品種で「特上」を出すのは至難の業で、農家さんの悲願でもありました。

そして平成30年の秋、農家さんの努力が実ったのです!

そう、「特上」が出たのです!!!!!

その「特上」は28俵のみ。「特上」の発生率は、わずか0.1%なのです。


その、28俵のみの「特上雄町」が全量、「而今」を醸す木屋正酒造さんの手によって極上の日本酒として誕生することになるのです!!



世界初の「特上雄町」。

その「特上雄町」を使った「而今 純米大吟醸」。


6月18日より発売となります。


容量は720mlで、価格は税込み54000円。

まずは店頭にてエントリー受付を開始いたしますが、万が一販売予定数量を超えるエントリーを頂戴した場合は抽選となる可能性もゼロではありませんのでご理解の上エントリーをお願いいたします。

詳細については現在、店内で見てもらえますので、是非ともじっくり読んでみてください。


木屋正酒造の全魂全てを注ぎ込んだ最高の一滴。

感じてください。






by kadoyasake2 | 2019-06-09 17:59 | 日本酒 | Comments(0)