人気ブログランキング |

「謳歌」と「きろく」

d0367608_11593136.jpg

「謳歌」と「きろく」。



皆さんご存じ「謳歌」は、夏の間の季節限定焼酎で、玉茜という甘藷を原料にした、幸せな香りを楽しめる芋焼酎ということで当店が猛烈どころか、「芋焼酎は今、『謳歌』のみを売ってます」と言わんばかりに推しまくっております。

「謳歌という焼酎、初めて聞いた」
「昔からあったっけ?」
「どこの蔵の焼酎?」

そんな問いかけをたくさん頂戴する中、実際に飲んで頂き「美味しかったからもう1本」と、ホント多くの方にリピートして頂いている芋焼酎が、「謳歌」なのであります。

これからもこの勢いを止める事なく、ガンガン猛プッシュしていくんですけど、この「謳歌」を味わってくれている人達に、もう1本晩酌のメンバーに加えて頂きたい芋焼酎があるんですよ。

それが、「きろく」。

「謳歌」と同じ宮崎の黒木本店さんが造ってる芋焼酎なんですが、原料となる芋は黄金千貫と言いまして、芋焼酎造りの原料としていろんな蔵が採用している芋。この黄金千貫を、自社で栽培し、収穫。それを原料にしてるんですよねー。

焼酎造りに使っている米麹のお米もそう。
自分のとこで作ってるんです。

全部自分とこでまかなってます。
これって、まあ凄い事なんですよ。

で、その「きろく」。

写真を見てもらったら分かると思うんですけど、感じの「七」が3つ組み合わさって「き」、そして数字の「六」で「きろく」となります。(うまいこと漢字変換できないのでひらがなでお許しを)。

「きろく」。

反対から読んでください。

「くろき」。

???

分かった??


そう!
黒木本店の「くろき」を逆さ読みしたら「きろく」になるのであります!


そんな「きろく」を私は皆さんに体験して欲しい。
味わいはホントに綺麗。香りは穏やか。なんかね、究極ってココなんかなって思ったりもするんですよ。
シンプルこそ実は一番難しくて、そのシンプルをきちっと芋焼酎として表現しているこのスタイル、かっこよすぎで男前。

もうね、ずっと飲んでいたくなる。
水割りお湯割りロック、どんな飲み方でも楽しめてしまう万能さ。
こういうタイプは、家に1本常備したくなる。

例えば普段芋焼酎を飲まなくても、ふと飲みたくなった時に手を伸ばしたくなる芋焼酎。
友達が来た時に「俺、芋焼酎が好きやねん」って言われた時に「芋焼酎、あるよ」って言って出すのが「きろく」。

日常に溶け込む焼酎やとマジで思うんっすよねー。

d0367608_11594663.jpg
写真を見てもらったら分かると思うんですけど、この2つの焼酎、完全に兄弟。
で、なんかかっこよくないっすか?

「謳歌」と「きろく」。
ちょっと硬派っぽくて、なかなかイカす。

兄弟だけどそれぞれの個性はバシッと出てる。
だって、全然ちゃうし。
でも同じ親から生まれたこの2人。
どこか通ずるものがあるんですよ。

それを是非感じて欲しいのであります。



「おまえが言うてた『きろく』って、これやんな?」

そう声を掛けてください。「これです、これ」って言いますから。

「謳歌」と「きろく」2種ともまだ未体験の方は、私の事を信じて2種ゲットしてください(笑)

存在感あふれる「謳歌」とシュッと真面目な「きろく」、共にレベルが高く、それぞれの個性を味と香りで表現してる。

これ、言葉で言うよりやっぱり体験っしょ。
体験してナンボでしょ。

なので2種、どうぞよろしくお願いいたします。

明日と明後日、みんなが手にしてくれると思ってバシッと店内に並べてますので(笑)

明日待ってますよ!
明後日も待ってますよ!

寒い店内で!!!



by kadoyasake2 | 2019-07-19 15:17 | 焼酎 | Comments(0)

湿気が多くて、店内リーチインのガラス面が曇ってしまいます。
なので、店内は除湿。

温度設定26度だと、ガラス面の曇りがとれません。
25度でもダメ。
なので、現在24度。
誰も居ない店内に24度。
誰も来ない店内が24度。

もう、寒い寒い。

誰も来てくれないので、もう閉めたろかと思ってしまいます。

ホンマに。


さて。

誰も来てくれない酒屋ですが、入荷はバシッとございます。

皆さん、週末は当店へ。

天気が悪いとかそんなん関係ない。

天気が悪い中、あえて外出して酒屋に向かう。
そして、お気に入りの酒を手にする。
更に、おしゃべりスタッフ「すみこ」と会話する。
無愛想な酒屋の主の事は完全に無視する。
時々店内に登場するレアな倉庫番スタッフ「タマキ」を見つけて運気アップ。

それが「かどや」の楽しみ方。

週末に強制的に手にしなくてはいけない酒をご紹介。
遠方にお住まいで「かどやに行かれへんわ」という方へは発送可能。注文してください。


d0367608_11585392.jpg


さりげなく店頭にて販売開始していた「早瀬浦特撰吟醸」が当店ブログに登場。
みよ、このブルーオーシャンのカラーを。

三宅さんのお酒のラベル、ワタクシ大好きです。
何が好きかというと、

「和」

「和」がいい。

「日本酒なんだから『和』だろうよ!」と言わんばかりの素敵なデザイン。
「和」だけど、さりげなく「HAYASEURA」と横文字あるけど、これがなんかキュッとラベルが引き締まる。

今、日本酒も海外に飛び出てますからねー。酒名に横文字が書かれてるお酒も増えました。

で、このお酒。
新商品。
山田錦50%磨き。
香り過ぎず主張しすぎず、食卓に1本置きたくなるワンランク上の酒。
吟醸で1700円(税抜)だから、ちょっとお買い得さも嬉しい。

試飲出来ます。


d0367608_11590385.jpg
年2回出荷のハイクラス。
兵庫県六甲産特A山田錦を贅沢にも20%まで磨き込んだ純米大吟醸。
写真見るだけで高そうや。

高級な桐箱を開けると、

d0367608_11591168.jpg
ハイクラス冩樂が登場。


で、興味ある価格は、720mlで、

21600円。

もう一度言いましょか。

21600円。


あえて連呼しようと思います。

21600円
21600円
21600円

税込みで、21600円。


さあ、どんなシチュエーションで飲もうか、みんなで考えてみよう。

★大事な人への誕生日にプレゼントして一緒に飲む
★結婚する相手の親に会う時に最高の酒を持っていく
★大きな仕事を成功させた時に乾杯
★父の日に何も渡してないから、大遅刻やけど父の日にこの酒をプレゼントする
★いつも頑張ってる自分に、年に1回のご褒美として


などなど。

在庫はお問い合わせください。


d0367608_12240967.jpg

同じく冩樂の季節酒。
播州山田錦使用の純米吟醸。
現在店頭販売スタートしてますが、既に多くの方に手に取って頂き感謝感激。

安定の冩樂。
飲んで笑顔になれる酒。



d0367608_11584439.jpg

仙禽の亀ノ尾登場。
生もと造り。
クラシックタイプ。

心地いい甘さが素敵。
酸が効いてるな。ほんのり甘酸っぱさも魅力のひとつ。

仙禽はホンマにイライラする。
飲むべし。



d0367608_11592006.jpg
仙禽の最高峰。
3種の酒のアッサンブラージュで完成した究極の仙禽。





ということで、週末はかどやに集合。
ブログに掲載している酒が全てじゃないぞ!



by kadoyasake2 | 2019-07-19 12:51 | Comments(0)