人気ブログランキング | 話題のタグを見る

11月末スタートの「日本酒頒布会」1800mlコースがあと少しで受け付け終了になりそうな気配。

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり。駐車場の場所→ https://youtu.be/y94TtNOFFoo
かどや酒店 最寄駅からのルート案内→ https://youtu.be/oDojpD6NDBk

【平日営業時間】13:00~18:00
【土曜日営業時間】10:30~18:00
【日曜日営業時間】10:30~15:00


★10月実店舗休業日★

10/3・10・12・17・24・27・31


【定休日】月曜祝日
【臨時休業日】10/12(水)・10/27(木)



もうウザい程に告知しております「日本酒頒布会」。


なんでこんなにしつこく告知しているかというと、「間違いなくオモロいから」。


ま、店の人間が「オモロいで」って言うても説得力ゼロなのは知ってますけど、お酒の頒布会って結構オモロいと私は思ってます。

他の酒屋さんでよく見かけるのは、お酒の詳細がもう先に分かってるスタイル。

この月は○○酒造さんの「▽▽」というお酒、来月は★★酒造さんの「☆☆☆」という銘柄のお酒をお届けします、みたいな。


そのスタイルは一番飲み手さんにとって安心できる。
だって、どこの蔵のどういうタイプのお酒が届くということが明確に分かってるから。

それにもし、公開されている情報の中に、自分にとって大好きな銘柄だったり、憧れの銘柄だったり、飲んだ事ないけど飲んでみたかった!という蔵元さんのお酒が入ってたりすると、「よし!申し込んでみよう!」ってなりますもんね。


そう、まさしくこのスタイルが「お客さん目線になって考えられた頒布会のスタイル」なのであります。


ただウチの頒布会は非常に飲み手さんにとって無礼。

どこが無礼かというと、


「手元に届くまで銘柄が分からない」という点。


えーーー!銘柄が分からない??

それに、純米とか吟醸とか純米大吟醸とか、そういうのも一切分からないの???



そう、分かりません。

何も分かりません。

分かってるのは、1本あたりの価格帯のみ。

ウチの日本酒頒布会は


★1800ml×2本コース
★720ml×2本コース


この2つがあるんですが、それぞれ1本あたりの価格帯が、


★1800mlの場合 2500円~4950円(税込み)

★720mlの場合 1200円~3300円(税込み)


この価格帯の中から当店が皆さんに紹介したいお酒をチョイスし、お届けさせていただくのでございます。


しかしこの価格の幅よ(笑)

720mlなんか1200円から3300円て(笑)
幅がデカすぎ!


でも実はアレなんですよ。
お届けまで銘柄はシークレットで、価格帯にも幅がありすぎて全く飲み手さんの事を考えてないと思われても仕方がない当店の日本酒頒布会ですが、このスタイルのほうが強烈にプレッシャーなんですよ。


何がプレッシャーかというと、まずは銘柄選びの段階で猛烈にドキドキ。
更に、蔵元さんによっては「日本酒頒布会優先酒」を特別に造ってもらったりすることもありますから、とにかく何もかもについてドキドキなのでございますよ。


喜んでもらえるやろか・・
オモロいなーって思ってもらえるやろか・・

とにかく心地よいプレッシャーに押しつぶされそうになるのですよ毎回。


蔵元さんと相談して決めたスペシャルなお酒をお届けして、「あれめっちゃ良かったですわー」なんて言われたら、もうね、嬉しいどころではない程で、素敵な発狂状態ですよ。


これがあるからヤメラレナイ。
もっとオモロい事考えてみようとか、オモロい事探しの旅に出てみたりとか、自分でプレッシャーに押しつぶされに行ってそれをクリアし、参加してくれた皆さんからの「あれ良かったでー」という言葉を聞いて「そやろ?」ってドヤ顔したいのでありますよ(笑)


酒屋はシンプルに、ご縁を頂いている蔵元さんのお酒を飲み手の皆さんにお届けし、「おいしい」「楽しい」って言ってもらえて、やっと報われるみたいな、そんな感じやと思ってます。そして更に、もしそれ以上の事を体験できるとするならば、「あの酒屋、なんかまたオモロい事企んどるんとちゃうか」とか「店主の無愛想さにはうんざりするけど、なんかやってる事オモロそうやから許したろか」みたいな、「もうしゃあないな」みたいなところに行けたら更に最高やと勝手に思っております。


その審判を下されるのがまさに当店の「日本酒頒布会」なのでございます。

どこの蔵のどんなお酒が届くのか分からない。
価格だって、価格帯が分かってるだけで、その酒の価格そのものもお酒を手にするまで分からない。
更に、どんなタイプのお酒が届くのかも分からない。


「しゃあない、あの大阪酒屋の事を試しに信用してみたろか」


そんな判断をしてもらえないと申し込んでくれる人なんか居ないって思ってて、だからこその「大いなるプレッシャー」に押しつぶされそうになってるのですよ毎回。


ということで。


現在もありがたいことに「しゃあないな」と思ってくださる人達のおかげでたくさんのエントリーを頂いております。

本当にありがとうございます。


で、受付できる数量のMAXが決まってて、そろそろ1800mlコースが満口になりそうな気配。
なんで1800mlコースが720mlコースより早く満口になりそうかというと、


そもそも受付できる口数を大幅に減らしてるから。

3年ほど前のコロナ襲来よりお酒を取り巻く環境もガラリと変化。

1800ml需要が大きく減り、720ml需要が増えた。
つまり、1800mlボトルと720mlボトルの立場が見事に逆転してしまったのであります。


ウチの頒布会、もともと1800mlのみでしたからねー。

だから今はいろいろ考えて、1800mlバージョンのボリュームを大幅に減らし、720mlバージョンのボリュームを大幅に増やしたということで、720mlコースより1800mlコースのほうが先にMAXに近づいてきてるということなのでございます。


1800mlコースですが、残り10口もございません。

もし悩んでくれてる方いらっしゃったらお早めにご検討ください。


720mlのほうはあと少し余裕ありますが、言うても残り40口くらいやと思っててください。



先日、栃木にあります「仙禽」蔵元、(株)せんきんさんに行ってきました。

取引する前に一度訪問して以来なので、約4年ぶりくらいの訪問でした。(コロナで3年間身動き取れなかったもんなー)


もうね、進化激しすぎ。
やっぱり実際に訪問させてもらってリアルを体感せなあかんわ。

「仙禽」、ヤバいぞ。
仙禽全員、本気すぎるぞ。
あの進化は尋常じゃないぞ。
酒質の向上は当然だわあの進化具合を見たら。


参りました。
本気で参りました。
世間の目とか評価とか、そんなんどうでもよくて当店はこれからも大いに「仙禽」をお薦めしていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。


話は変わって。

先日訪問しました、とにかく何もかもについて本気すぎて、進化が激しすぎる栃木県の某蔵元さんと、日本酒頒布会についてのミーティングをしまして、ひとつ決定しました。SPです。「え!それアリですか!」っていうお酒です。ワクワクしました。


ちなみに、その蔵元さんの名前は言えません(笑)




ということで。


エントリーはコチラから

→ https://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/49








最後まで読んだら、次はコチラ。


かどや酒店youtube→ https://www.youtube.com/channel/UCLewVnlQRYQZl_R--UxHIKw
かどやスタッフ「すみこブログ」→ 
https://kadoyasumi.exblog.jp/
かどやスタッフ「すみこInstagram」→ https://www.instagram.com/sumikonosumikko/
かどやスタッフ「タマキブログ」→ http://blog.livedoor.jp/zunow_quark
かどやスタッフ「まりこInstagram」→ https://www.instagram.com/kadoya.mariko/

かどや酒店 Instagram→ https://www.instagram.com/kadoyasaketen_osaka/
かどや酒店 Twitter→ https://twitter.com/kadoyasake


by kadoyasake2 | 2022-10-14 18:22 | 日本酒