人気ブログランキング | 話題のタグを見る

週末の酒屋

こんにちは、酒屋です。
外出はほぼほぼ「酒屋と家」の往復のみ。
歩いて3分くらいですが、気分転換にちょっとだけ遠回りしたりいつもと道を変えたりと、そんなささやかな気分転換をしております。
道を少し変えるだけで、「おいおい、こんなところにツクシの群生があるのかよとか、こんな道あったっけ?とか、新しい発見があるものです。やってみて。

さて。

皆さんに御礼。

現在ウチの酒屋スタイルであります

★パッと買ってパッと買えるスタイル
★試飲一時中止
★接客超最小限
★こちらからは基本的に話しかけないスタイル
★滞在時間短め
★マスク装着
★ドア全開店内大解放

こんなスタイルにご協力頂きホントにありがとうございます。

今回からこれに加えて、

★POPを見て酒を選ぶスタイル
★酒の説明をブログで多めに発信するから、酒選びの参考に


これを加えていきたいと思います。

酒というのはどうしても要説明商品が多い。
で、造り手のアツき思いも一緒に伝えたくなるから、これまた酒屋から皆さんへの説明が膨大になる。
お客さん興味ないのにこっちの思いを伝えすぎてしまう事が多くなってしまうので(これアカンとこやけどね)、まだ100%ではないですが、これからPOPを更に充実させていこうと思ってますのでちょっとだけお時間をください。

もちろん分からん事あったらいつでも聞いて下さい。
離れたところから、酒の説明させて頂きます。(今までの接近戦はかなり控えてます)



今もいろんな酒入ってますが、皆さんにとっての「癒やしの酒」になる酒の幾つかをご紹介。


週末の酒屋_d0367608_16314549.jpg
これ、食べる酒。
米粒満載。
こういう酒、飲んだ事ない人めちゃ多いと思う。
アルコール度数12度。
大人の甘酒。生きた乳酸菌たっぷり。

家飲みが多くなって酒の量増えてるでしょう。
体壊したら旨い酒飲めないぞ。
休肝日を作るのが最も大事だけど、時には度数低めで栄養素満点・生きた乳酸菌たっぷりの酒で癒やされるのもひとつの手だぞ。
開栓要注意酒なんで、レジでちょっとだけ説明します。



週末の酒屋_d0367608_17580309.jpg
俺は辛口好きなんだぜ。
そんな方は全員黙ってコレを選ぶべし。
とことん発酵させ、行き着くとこまでもろみの自然発酵に任せて造られた大阪酒。
ドライで更なる酸を感じるから、「俺が辛口なんだよ」と言ってるくらい。
この酒買って帰りに肉買って家で焼いて食べて。
で、この酒を飲んでみて。
泣くぞ。


週末の酒屋_d0367608_17563954.jpg

ピュアでナチュラルな仙禽。
現在720mlで3種勢揃い。
この3種全部「山田錦」使ってる。
なんなんこのクリアな味わい。で、喉の奥から旨味がゆっくり攻めてくる。
なんなん仙禽の旨さは!

写真真ん中の仙禽一聲(せんきんいっせい)これは「鶴の一声」っていう意味。
「仙禽」は「鶴」。「一聲」は「一声」。
スペックが確実に純米大吟醸規格。それで720mlで2750円って、安すぎないか?



次に。
これはね、絶対に手にしたほうがいい。100%。

週末の酒屋_d0367608_08060608.jpg

光栄菊雄町
若波雄町
会津娘雄町

この3種、全部酒米「雄町」使ってます。
飲み比べを大いに推奨する当店としては、確実に必須アイテム。

家飲みの楽しさは、酒とアテを楽しむというのと、「酒で遊べる」という事。
遊べ、遊ぶんだ。

違う蔵元さんが同じ酒米「雄町」で造った酒を飲み比べる。
オモロいじゃないか。

優劣の為の飲み比べじゃない。
飲み比べすることで酒の違いを楽しめてしまうんだ。

中にはこんな意見もあるだろう。

どうせ飲み比べするなら、同じ米でも産地も同じにしてくれ。酒のスペックも同じにしてくれ。精米歩合も同じにしてくれ。
生酒なら生酒同士、火入れ酒なら火入れ酒同士でやってくれ。熟成環境も同じにしてくれと。

プロならそれでいい。
マニアならそれでいい。
官能テストなら確実にこういうスタイルでやるべきだろう。

しかし。
気軽に楽しく飲める晩酌にはそんなもの必要ない。
これは優劣を選択するもんじゃないんだ。


「酒って面白いやないかい」
それを体験するものなんだ。

「酒に遊びを」

柔軟にいこうぜ。

ということで、当店は気軽に酒を楽しめるスタイルを大いに推奨する酒屋。
「酒は面白い」それを是非とも体験して欲しい。

なので、このセットは必須。

若波雄町、既に在庫ヤバいです。
おそらくこの土日でほぼ嫁いでいくと思われます。

会津娘雄町、昨日から店頭販売開始しました。
ギュッと詰まった旨味とクリアな会津娘らしさをバシバシ楽しめます。

光栄菊雄町、毎日必ず冷蔵庫にまとめて補充してます。
それくらい毎日支持されてます。
これって凄い事っすよ。
今回の雄町はまさに「光栄菊らしい雄町」。体験せよ。


週末の酒屋_d0367608_08263702.jpg
花泉酒造記念醸造酒。
純米大吟醸規格で720ml2050円という意味不明な価格(飲み手には嬉しすぎ)。
在庫10本以下でございます。
100本近く入荷して、既に10本以下。
リピートしてくださる方も多く、みんなやっぱり旨いものが好きなんだなと実感。
そして、花泉酒造の炸裂した実力を認めざるを得ない程に旨い。脱帽です。


週末の酒屋_d0367608_12001661.jpg

皆さんお待たせしました。
くっさい麦焼酎「麦汁超にごり」入ったよ!
試飲出来ないけど、鼻がモゲてしまうほどにくっさい香りは体感してもらえるぞ!

今なら「ゆ乃鶴超にごり」もドドーンと陳列して香りも体験できるから、とにかくビビってのけぞってくれ!

豊永酒造ファンキーパンク蔵の威力にビビれ!


週末の酒屋_d0367608_08243078.jpg
ネイビーロ万。
何も言わない。
飲めば分かる。
芳醇なのにめちゃ優しくスゥーっとキレる良さ。
もうね、笑顔しかないから。
花泉酒造の実力は「こういうことなんだよ」。



ということで、書いたら書き切れないのでもうやめる。

酒癒やし
酒に遊びを


毎日疲れてる皆さんへの癒やしに酒が手助けしてくれることを心から祈ってます。




by kadoyasake2 | 2020-04-18 08:19