人気ブログランキング | 話題のタグを見る

宮崎の小さな蒸留所で生まれた、出来たばかりのフレッシュな甘藷が原料の蒸留酒「雪のまんねん」

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:30頃~18:00頃 月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり
★現在参加者募集中のイベント★ →http://kadoyasake.com/menu

【営業時間変更してます】10:30~18:00

★12月の予定★

12/2・9・16・23・→月曜なので定休日です
12/24~31まで、休みなしで気合い営業いたします!

1/1~6まで、バシッと冬休み!


〜12月の店内酒企画〜

なし!!!!!
2020年1月の事はまた発表いたします!!!

酒イベント詳細→ https://kadoyasake.com/menu


今日は定休日です。


何年前だったか忘れましたが、「12月は休まず営業します!」って告知して気合い入れてました。
でも、もうそういうのはやめて、定休日は基本的に休もうと数年前から決めました(さすがに30日だけはえいぎょうするけど)。


で、定休日を休むようにして、「休まず営業します!」って叫んでた頃と何がどう違うかというと、


何も変わらない



なので、月曜日は休みます。
休む時には休みます。
来年からは、もうちょっとアホな頭の中でいろいろ考えて、なんかうまいことできたらエエなと思ってます。



さあ、皆さん。

来週からゲットすべきアイテムのご案内。



宮崎の小さな蒸留所で生まれた、出来たばかりのフレッシュな甘藷が原料の蒸留酒「雪のまんねん」_d0367608_16585594.jpeg



宮崎の小さな蒸留所で生まれた、出来たばかりのフレッシュな甘藷が原料の蒸留酒「雪のまんねん」_d0367608_16582698.jpeg


ペンギン。

マフラーしているペンギン。

かわいい。

かわいすぎる。

ジャケ買い必至。



これは何のお酒?


そう。


蒸留酒。

ウイスキーやブランデーと同じジャンルに所属する蒸留酒。


宮崎の小さな小さな蒸留所「渡邉酒造場」。

兄弟2人を中心に、家族で原料である甘藷を栽培し、それを発酵させ、蒸留。

原料の甘藷の素材をしっかり生かす。
そして、この宮崎という地だからこそ出来る味わいを蒸留酒で表現する。


そして、


宮崎の小さな蒸留所で生まれた、出来たばかりのフレッシュな甘藷が原料の蒸留酒「雪のまんねん」_d0367608_16585594.jpeg

このペンギンラベルの、甘藷を原料とした蒸留酒。


今年の秋に収穫された「掘ったばかりの甘藷」を新鮮なうちに仕込みに使う。
そして、蔵のある「宮崎・田野」という地域の風土をそのまま生かし、蔵の中で発酵を続けた。


それからある一定期間の発酵を続けたあと、発酵が落ち着いてきたタイミングを見て、もろみを蒸留器に移して蒸留。

生まれたばかり、旨味成分たっぷりのフレッシュな蒸留酒が誕生。


旨味成分をそのまま残し、ダイレクトな味わい・出来たての風味をそのまま楽しんで欲しい。

そんな思いから、濾過等をおこなわない状態そのままで瓶に詰めた、野菜で言うなら「畑で収穫したばかりの、新鮮フレッシュな蒸留酒」。


それが、



宮崎の小さな蒸留所で生まれた、出来たばかりのフレッシュな甘藷が原料の蒸留酒「雪のまんねん」_d0367608_16582698.jpeg

宮崎田野「渡邊酒造場」が世に送り出す蒸留酒「雪のまんねん」。


日本の蒸留酒は「食中酒」というカテゴリーの中で育ってきた。
海外とは異なり、「食中酒」というカテゴリー。

もっと言うなら、「食前酒」や「食後酒」としても楽しめるし、「食中酒」としても楽しめてしまう。

つまり、【万能だ】って事。


そんな日本の蒸留酒を先日、お湯割りで楽しんでみた。



荒々しいダイナミックな香りと味わいが、お湯で割る事でとろける甘さが顔を出し、とてもほっこりした気分にさせてくれる味わいに変化。
いやー、ずっと飲み続けたい。飲み続けていたい。

この幸せは一体何??


まさに、「食中酒」としての醍醐味。

美味しい食を楽しみながら「雪のまんねん」をお湯で割って飲んでみる。


この体験はまさしく「日常の中の幸せ」。



「雪のまんねん」は現在、店頭にて販売しているが、試飲もしてもらえる。
来週からはちょっと面白い事を考えてるので、出来るかどうか分からんが、ちょっとチャレンジしてみようと思ってる。

出来るようになったら発表するから、ウチに来て。


宮崎の小さな蒸留所で生まれた、出来たばかりのフレッシュな甘藷が原料の蒸留酒「雪のまんねん」_d0367608_08114382.jpg

家族経営の“Small Distillery”渡邉酒造場。


渡邉ファミリーがみんなにお届けする「雪のまんねん」。


愛があり、地域の風土が詰まった1本の蒸留酒。
是非味わってみて下さい。


まずは「ストレート」で少量味わってみる。
ダイレクトでフレッシュな味わいは、ストレートだからこそ感じる「何か」がある。
それを体験して欲しい。


それから、お湯で割ってみて欲しい。
「お湯が先」とか「焼酎が先」とか、今回はちょっと横に置いといて、シンプルに自由に割ってみて。
最初は5:5がいいかも。

割った後に、マドラーでお湯と焼酎を馴染ませて、それから口に含んでみて下さい。


ストレートの時とは違った表情を体験できますよ。




遠方の方、webよりご注文頂けます。


かどやweb → http://kadoya-sake.ocnk.net/product-list/26



毎日を楽しむひとつに「酒」がある。

人と人とを繋いでくれる場所に「酒」がある。



皆さんよろしく!!















最後まで読んだら、次はコチラ。


かどやスタッフ「すみこブログ」→ https://kadoyasumi.exblog.jp/
かどやスタッフ「タマキブログ」→ http://blog.livedoor.jp/zunow_quark



by kadoyasake2 | 2019-12-02 08:20 | 日本酒