人気ブログランキング | 話題のタグを見る

9/7(土)と9/8(日)かどや酒店に行かねばいけない理由

7日と8日、店内にて当店指定銘柄の量り売りをします。

そこで。

この日、必ず味わって頂きたい宮崎の蒸留酒があるのです。

原料は芋。それも、ちょいとひと味違った芋。
その芋を数ヶ月間熟成させてから仕込みに使ったというではありませんか!

例えば、皆さんの記憶に新しい柳田酒造の芋焼酎「千本桜ハマコマチ常圧」。
これれには2種類ありましたよね。

そう。
ベーシックタイプで仕込まれたタイプと、「ハマコマチ」という芋を数ヶ月間熟成させてから仕込みに使った「熟成ハマコマチ」。

これ、体験してくれた人みんなビビってましたよね。

「こんなに味わいが違うんだ!」って。


その記憶を甦らせて頂きたいのです。


で、この週末に必ず手にして欲しい芋焼酎は、


「千本桜 山田錦 熟成紅はるか」


9/7(土)と9/8(日)かどや酒店に行かねばいけない理由_d0367608_15405557.jpg

この味わい、私大好きです。
アロマです。
ずっと感じていたい香り。

笑顔を誘う香り。
何なんだムカつく!

麹米に山田錦を使う事で綺麗さが増し、更に熟成させた紅はるかを使うことで掘ったばかりの芋を使うよりも甘さと濃密さが出てるのであります!

なんともまあ!

華やかすぎず、紅はるかの持つ甘さをピュアに楽しめる「千本桜」。

これ、イケてます。


皆さん、この夏はいろんな焼酎を飲まれたと思います。
特に心地よいアロマを感じる芋焼酎を。

ソーダ割りにすることで更に笑顔を誘う香りがなんとも言えない。

悔しいわ!
柳田酒造、やっぱりオモロいぞ!


ということで、今回紹介しております「千本桜山田錦 熟成紅はるか」はバシッと店頭販売しております。
そして、試飲して頂く事も出来ます。
お車の方は香りのアロマを体験して頂く事ができます。

ちなみにこの焼酎は一升瓶のみの商品化。

そこで、そこでですよ。

買いたいけど一升瓶は中々手が出ない。
少しの量を家でゆっくり味わってから一升瓶を買ってみたい。


そんな思いを持ってる方、多いでしょう。

じゃあ私たちはそんな皆さんに寄り添ってみたいと思います。


量り売りします(^_^)v



小瓶に量り売りしますよ!
そして、一度ゆっくり家で楽しんでみて下さい。
いろんな飲み方やってみてください。

じっくり飲んでみたらこの焼酎の良さやオモロさをバシバシ体験できるので、「まだ飲み足りないぞ」という頃には量り売りした焼酎はスッカラカン。

じゃあ次のステップに行くか!

その時一升瓶をご購入頂いてOK。

そんな楽しみ方があってもいいんじゃないっすかねマジで。


そこで今回のブログのタイトル。

週末はかどや酒店に行かねばいけないのであります。

また、千本桜だけでなく、幾つかの蒸留酒もご用意。

蒸留酒って面白いですよね。
気軽ってのがいい。
だから気軽に量り売りします。
そして蒸留酒をもっともと身近に感じて下さい(^_^)v


さあ!
土曜の用事は決定したぞ!

かどや酒店に行くんだ!来るんだ!
「千本桜山田錦 熟成紅はるか」を買いに!

手にしてくれたら確実に都城にて焼酎造りに邁進している柳田酒造の柳田さんは喜ぶぞ!
そして皆さんの飲んでる姿を想像しながら「更に旨い焼酎を造るぞ!」と気合いが入る事でしょう!

こんな素敵なスパイラルはないだろう!

さあ!
「千本桜山田錦 熟成紅はるか」だぞ!

9/7(土)と9/8(日)かどや酒店に行かねばいけない理由_d0367608_15405557.jpg

長くなって申し訳ないけど、俺は何度も言う。

私がこの業界に入って初めて焼酎蔵と直接取引させてもらったのが柳田酒造さん。
その頃、コンビニですよコンビニ。

そんな知識もないウチを「チーム柳田」の仲間に入れてくれて、そこからお互い楽しみながら苦しみながら頑張ってきたと思う。
ウチも柳田酒造さんも前の焼酎ブームの恩恵は全然受けてなかったから、頂点を知らない。
頂点を知らないから、これから更に飛躍できるよう楽しみながら一緒に成長していくしかない。上がるだけだと信じて。


今まで一緒に成長させてもらった感謝をそろそろ俺は柳田酒造さんに恩返ししていかないといけない。
だからウチの酒屋は、柳田酒造さんの焼酎を少しでも多くの方に味わって欲しいし楽しんで欲しいし、こんなアツい蔵元さんが宮崎県にいるんだ!ってことを知って欲しい。


千本桜紅はるか。
香りを体験してください。
それだけで飲みたくなりますから。

土日は量り売り。
日本酒もやります。
3種開栓予定。

焼酎は千本桜がメイン。

ということで土日待ってるぞ!



あ~~、最近また頭痛のオンパレードや!
EVE飲み過ぎや!



by kadoyasake2 | 2019-09-04 16:05 | 焼酎