人気ブログランキング |

スーパー銭湯に行きたいねん。

d0367608_18252958.jpg
もうすぐ来るかもしれない・・・

まだか・・
まだなのか・・・

この昭和的チラシが素敵すぎる。

さすが豊永酒造さん。

ファンキー蒸留所「豊永酒造」はいろんなことにファンキー。

この焼酎の味わいもぶっ飛び・・

d0367608_19122735.jpg

先行発売している「ゆ乃鶴超にごり」もファンキー。

今だ「これだよね、ファンキーな焼酎って」って聞いてくれる人多し。

香りをかいで悶絶。

そう。これが豊永ファンキーアロマ。

蒸留酒はアロマだ。


すっきりタイプと言われている黒木本店「中々」。
実は、すっきりタイプとひと言では済ます事が出来ないほどに味と香りがあるのをご存じだろうか?

常に変わらないものというのは、飲み手である我々が気がつかないうちにマイナーチェンジを繰り返しているものだ。

まさに「中々」はそのマイナーチェンジを繰り返して今がある。


「昔、よく飲んだ」と耳にする事があるが、それは「昔の中々」であって、「今の中々」は飲んでないはず。
もし飲んでないならそれは貴方の不覚。

試すべし。


今を知る事。
それがどれだけ大事で楽しい事なのか。

そう。
体験すべし。



奈良萬酒未来火入れが入荷した。

キャップがチェンジしていた。
これもマイナーチェンジなんだよ。




毎年飲み手を泣かしてしまう酒が今年も到着。
お世辞を言うのは好きじゃないが、これはお世辞を越えて「旨い」としか言えない。

今年は去年よりもドライに仕上がっている感じがするけど、これももしかしたら気のせいかもしれない。

心で飲め。ハートで感じろ。
そして、泣け。

造り手「阿久津」氏、すげーな。




今、花巴が面白い。

まあ面白い。
何が面白いかというと、とにかく面白いんだよ。

オモロなかったら俺はオモロいとは言わん。
お世辞は嫌いやからな。

酒で酒を仕込む酒=貴醸酒

まさにコレがそう。
花巴ナチュールナチュール。

オモロい。


いつか、仙禽の薄井氏と花巴の橋本氏のコラボが見てみたい。
絶対オモロいって。

この2人がトークショーしたら、アツすぎて喧嘩が始まるんとちゃうやろか。
ま、その喧嘩も見てみたいけどな。


ということで、



d0367608_18532032.jpg

現在受付中の頒布会。

明日が〆切。


急いでクリックして、予約しなはれ。




by kadoyasake2 | 2019-04-09 19:11 | 酒蔵 | Comments(0)