人気ブログランキング |

この週末、絶対に手にしなければいけない酒が入荷してくる

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:30~19:00(火~金)10:30~18:00(土日) 月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり
★現在参加者募集中のイベント★ →http://kadoyasake.com/menu


★1月の定休日★

1日〜7日

14日 21日 24日 28日

24日は店舗営業休業します

〜1月のイベント〜

1/12(土)~1/13(日)ご縁袋販売開始

26日(土)閉店後の飲み会



この週末、必ず手に入れなければいけない酒がある。

もしご来店頂ける予定なら、要チェックするべし。


奈良萬

夢心酒造


年1度の逸品。


奈良萬ブランドで唯一、あえて、あえて、あえて県外米を使用。


その県外米とは・・


山形県の「酒未来」という名の酒米。



蔵元の東海林さん。


ワタクシ、大好きです。

なんといってもオモロい。

真面目な話ももちろんするが、9割は酒以外。

おそらく全国の蔵元さんの中で、最も【大阪府茨木市】に精通している蔵元であること間違いない。


d0367608_09364172.jpg

茨木市で飲んでる時の写真。



d0367608_09365216.jpg


別日に、茨木市で飲んでる時の写真。


東海林さんと飲む時は、9割以上【大阪府茨木市】。


数年後、茨木市長から名誉市民として選ばれることでしょう。


そんな東海林さんが、数年前から気合い入れまくりの酒。


それが「奈良萬 純米吟醸 酒未来」。



今年も生が登場します。

皆さん、どうします?


っていうか、どうするもこうするもない。

必ず手にしなければいけない。

いや、必ずどころか、絶対に手にしなければいけない。


いやいや、この週末にご来店くださる予定なら、「奈良萬酒未来」はゲット必須。

奈良萬ブランドで唯一の県外米使用酒。


今までの奈良萬ブランドの枠からあえて出ようとしたのはどうしてなのか?


ずっとずっと、奈良萬は県内の酒米のみを使用してきた。


「奈良萬は100%地元」


そう言ってきた東海林さんが、あえて、あえて「酒未来」という米を使おうと決めた。


大大大決心である。


それを皆さん、どう感じます?


私は【英断】と思ってます。


100%地元のほうを向いてやっていく。

素晴らしく、模範にもなるかもしれない。

しかし、外の世界を【あえて】知ってみる事で、改めて地元と向き合う事だって出来る。


外の世界は大事。

知らない世界がたくさんある。


もし、その【知らない世界】を知るチャンスがあるなら、「知らない」より「知ってた」ほうがいい。


知った上でもう一度内の世界に様々な事をフィードバックできるかもしれない。


これは、「会津娘」タカハシワタル氏が常に言う言葉。

「なるほどな」って思う。

それを、私も酒屋としてまあまあ取り入れてやってる。

やってみると、これまた面白い。



そして「奈良萬酒未来」。

東海林さんもきっと、そんな考えがあったんだと思う。

あえて聞かないけど、チャレンジャーの東海林さんは絶対にそう思ってるはずだ。


だから、全員飲んで欲しい。

在庫ある限り販売し続ける。

だから、手に取ってください。



週末、ご来店予定の方は是非「奈良萬酒未来」を手にして下さい。

「奈良萬酒未来」を手に取らないなら、もう週末はご来店をお控え下さい(笑)


ま、それは冗談として、それくらい手にして欲しいっす(^_^)v



今までとラベルが変わります。

そのラベルがどんなんになってるかは当日店頭にてお確かめ下さい。

あえてこちらでは画像は出しません(^_^)v



もし何かのトラブルで入荷が遅れるようだったらココでまたお知らせします。


とにかくよろしく。




そして、別件。


d0367608_16335318.jpg

大人気「花巴水もと×水もと」

1800mlと720mlが登場。

本日より店頭販売開始。


先日からやたらと問い合わせが多く、「蔵元の橋本さん、なんかテレビか雑誌にのった?」って思ったくらいの問い合わせ。

何かあったのか?花巴。


ま、何はともあれ、問い合わせを多く頂けるというのは最高に嬉しい事。

すげーな橋本さん。


販売開始です。


それでは本日も10時半から営業開始。


昨日は驚くくらいにゲキ暇。

眠かったです。

今日眠くならないよう皆さんの猛烈なご来店をお待ちしております。


それと、週末やで!週末!

日曜がエエかもな!!






by kadoyasake2 | 2019-01-16 09:54 | 日本酒 | Comments(0)