人気ブログランキング |

定番商品の底力

季節商品が氾濫するこの業界。

その季節商品を支えているのが、それぞれの蔵の定番商品です。


最近、日本酒蔵や焼酎蔵さんの定番酒を飲んでますか?


ずっとずっと「季節限定酒」ばかり追い求めてませんか?


実は「定番酒飲んだことない」って人、結構多いんじゃないですかね。


季節限定酒ばかりを追い求めるのは、毎回違った表情の酒を楽しめますし、それは本当に楽しい事であります。

しかし、それら季節限定酒というのは、蔵の定番酒があるからこその存在。


で、思うのです。


改めて定番酒を飲むという楽しさを体験すべきかもしれない。



例えば、栃木のお祭り男・阿久津氏が造る「大那」という酒。


今の季節限定酒だと、


d0367608_17154460.jpg

「大那 生もと特別純米」というのが出荷されてて、これがまた旨いのなんのって。

去年は「燗酒最高だ!」って言ってたんですけど、今年は「冷やも燗酒も最高だ!」という印象で、ストライクゾーンが広くなり、とにかく当店にお越しくださった全ての方にオススメしたい程に旨い酒です。

その阿久津氏が醸す「大那」には、定番酒があります。


d0367608_09314155.jpg

「大那 純米吟醸」。

この酒は、「大那」醸造元の菊の里酒造さんに行ったとき、阿久津さんに

「この酒を飲んだらウチの方向性が分かるっていう自慢の酒を教えて欲しい」と言った時に出してくれたのがコレ。


綺麗な味わいの中にもふわっと優しいふくよかさがあって、食にそっと寄り添ってくれるような、そんな上品な味わいのお酒なんです。

この純米吟醸味わった頃あります?



d0367608_09314722.jpg

こういうタイプもあります。

超辛口の大那純米。

実はこれ、大人気なんですよ。
冷蔵庫に入れなくて常温で保管大丈夫。

それに辛口好きの人がワクワクする味わい。


「日本酒に辛口なんて無いよ」っていう飲食店さんとか業界人がいます。
私も多少共感するところはありますが、本当に日本酒に辛口というものが無いのであれば、蔵元が正式に「超辛口」といった文言をラベルに書くはずがない。

「日本酒は本来お米から出来てるんだから、旨味があって当然で、それは甘みでもあるんだ」という事も分かる。
考えはそれぞれなんですが、そんな主張をする前に、そんな細かい事を伝える前に業界人として日本酒の楽しさを伝えましょうよ。


で、話はそれましたが、この超辛口純米。

常温でチビチビ飲むとなかなか。
燗もイケる。

辛口に対して云々かんぬん言う方に体験して欲しい酒。
体験したこと無い人多いと思います。
体験してください。


d0367608_09313652.jpg

大那のスーパースタンダード「大那 特別純米」。


これこそ定番。
味わった事ない方多いはずですよ。

これだけ冷え込んできた今、燗酒を楽しんでみてください。

ほんわかするどころか、飲んでると心地よくなって幸せになって寝てしまいますよ。



クドいようですが、それぞれの蔵の定番酒があるからこその季節限定酒。

何かの機会に是非いろんな蔵元さんの定番酒を味わってみてください。


まあ、そんな事言いながら季節酒がバンバンいろんな蔵元さんから出荷されるので、それを販売している我々酒屋も結局は季節限定酒をオススメしてしまっている場合が多くなってるってのも原因のひとつなんですけどね(反省)


あとは、環境が時代と共に変わってきたというのもあるでしょう。
季節酒を求めてくださる愛飲家の皆さんがやっぱり昔より増えてきて、それに蔵元さんが応えようとしてくれてるっていう現実もあるので、まあ今回の私の主張は、頭の片隅にちょこっと忘れない程度に覚えていて頂けるとありがたく思いますm(_ _)m



d0367608_09243020.jpg

この芋焼酎「伊佐大泉」。
レギュラー酒しかないという潔さ。

d0367608_09244230.jpg

若松鉄幹さんの造る芋焼酎「大和桜」も、基本これが定番。
スーパースタンダードの威力を是非ご体験あれ!




by kadoyasake2 | 2017-11-16 09:46 | 焼酎 | Comments(0)