人気ブログランキング |

副鼻腔炎再発

だいぶ治ってきましたけど、頭が痛い。


11/3(金)は祝日なんで定休日でしたが、暗い店内で少し仕事。

で、行ってきましたよ。

d0367608_18452847.jpg

津田の店

「三文字」

なんで「三文字」っていう屋号なのかは知らない。

d0367608_18372069.jpg

メニューをインプットして行ってきました。


店の前にもメニューが。

d0367608_16475231.jpg


店内を見てみると、

満員御礼

素晴らしい。

素晴らしすぎる。

d0367608_16475768.jpg

早速串揚げお任せ3種を頼んで、

「豊永蔵 完がこい 玄米仕込み 平成17年醸造」をお湯割りで飲む。


旨いやんけ


そして、また串揚げお任せ3種を頼んで、



d0367608_19001182.jpg

オリジナルブレンド蒸留酒をお湯割りで。


旨いやんけ



知ってる人も来られてて、談笑して、気がつくと15時。閉店時間。

オモロいやんけ



明日5日もやっております。
是非集合せよ。


明日も行ける人が羨ましい。



d0367608_11004847.jpg
で、11月12日(日)は「スミコとヤスコ」。

13時から17時まで。

場所は、かどや酒店。

グラス1杯200円から。

こちらも来てください。


d0367608_03462982.jpg

11月11日(土)は

オーストリアワインのヴィンテージ垂直テイスティング可能な、「店内ワイン有料試飲会」。

みなさん、来てくださいよ。

ビビってくださいよ。

ヴィンテージでこんなに味わいが違うものなのかと感動しますから。

エントリー不要。
こぞって来るべし。


そして、18時からはオーストリアワイン新酒をメインにワインを楽しむ会。

こちらはエントリーが必要。


今月はいろいろあるから楽しみにしててください。





余談。

「おひとり様1つまで」と書かれているトイレットペーパーが激安で売ってたら、みなさんはどうします?

子供達をも動員して、家族で買いに行きますか?

「幼児も1人」とカウントしてもらいますか?

家族5人なら「5個買えるやん」という解釈で、家族5人で出かけてスーパーの棚から5個担ぎ、レジに並びますか?


私はしません。
大人としてのモラルと言いますか、何と言えばいいか分かりませんが、もしそういう光景を逆に見る事があったら、どことなく「恥ずかしいな」と思ってしまいます。

これは「私がしない」というだけで、スーパーの人がそういうことも想定済みであったり、快く「いいよ」と言ってくれるのだったら、それはそれでいいのかもしれませんが、それでも私はしません。

まあ、家族5人で出かけて5個買うのも「ひとり1個」には間違いないんで、エエんでしょうけどね。




「1グループ1個まで」という表記をされてたら、どうしますか?

2人で行けば、それが1グループと見なされるでしょうから、きっと買えるのは「1個」。
2人で行っても買えるのが1個だったら、他人のふりして別々に1個ずつ買って、合計2個ゲットしますか?


私は、他人のふりして別々に買いに行って2個ゲットすることはしません。

なんかコソコソやってるようで、気持ちよく買い物が出来ないからです。

ただ、2人が別々のグループとして1個ずつ合計2個手に入れるのは【ルールとしては】間違ってはないでしょうけどね。
大人としてのモラルという視点だと、また違った解釈があるかもしれません。


もし、その店の店主に「既にこの2人は同じグループだ」と、自分はバレてないと思っているだけで既に昔からその店の店主に「バレていた」としたら、めちゃくちゃ恥ずかしい。


それに、なんか悪い事をしているように感じてしまうし、今まで「バレてない」と思って無理に演技をしている事すらも【既にバレてる】訳で、【既にバレてる状態】で普通に接客されれうと、とにかく恥ずかしい。恥ずかしすぎる。
居心地が良くないから、はじめからそういうことは私はしない。


私なら、その店主やスタッフさんと、もっともっと普通に仲良くなって、楽しく買い物が出来るほうがいいと思うので、コソコソはやめておくと思う。


本当の常連さんとか、信頼できる人には絶対に表面には出ない「えこひいき」ってあると思うんですよね。

居酒屋とかに行っても、メニューにはないものをさりげなく「よかったらどうぞどうぞ」って言ってもらえる事とかあると思うんですよ。
そんな経験ないですか?もしそういう経験された人がいたとすれば、それって結構嬉しいですよね。特別扱いされてる感じがして、もっともっとどことなくその店に対して親近感わきませんか?

いろんなショップでも「これは常連さんだけにこっそり紹介している商品なんですけどね」と言われる事もあるはず。
嬉しすぎますやんそんなん。

そっちのほうが楽しい。
絶対に楽しい。


酒屋に行った時だってあるはずなんです。

「おひとり1本」とか「1グループ様1本」っていうのだって、本当に信頼できる、仲のいい人だったり、昔からそのお店の事だったり、ある酒蔵さんのお酒だったりを応援してくれている人達には、もしかしたらそんな制限が無いのかもしれない。

入荷量がめちゃくちゃ少なくて、例えば6本しか入荷しなかった商品があるとすれば、この6本を「どんな人に飲んで欲しいか」とか、「誰に紹介しようかな」とかって思う酒屋の店主だっていると思うんですよねー。その6本を買える人に「選ばれる人」ってどんな人なんだろうって思う。私は選ばれた事ないけど(笑)


ま、結論は、これっぽっちも罪悪感とか無く、気持ちよく買い物がしたいと思うし、店の立場であえて言うならば、お客さんも私たちも、お互いが気持ちよく「商品を買える」「商品を買ってもらえる」関係がエエなって思ってるだけなんです。


以上!ひとりごとでしたー。




by kadoyasake2 | 2017-11-04 17:41 | Comments(0)