人気ブログランキング |

奈良萬づくし

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:30~19:00(火~金)10:30~18:00(土日) 月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり
★現在参加者募集中のイベント★ →https://coubic.com/kadoyasake/

★スタッフ募集中! 詳細はお電話ください→072-625-0787



9月中旬、酒の会の打ち合わせで福島県「奈良萬」醸造元・夢心酒造の東海林さんと大阪で飲みながらミーティングしてました。

d0367608_16465667.jpg

先週23日、西天満にある「おうちごはん梅子町」さんんで「奈良萬の会」がありました。

d0367608_11460026.jpg

そして、昨日は地元・茨木市で「奈良萬」の東海林さんと酒飲んでました。

d0367608_16465667.jpg





もう、奈良萬づくしです。

っていうか、奈良萬の東海林さん、大阪来すぎ(笑)
それも、大阪市内じゃなくて茨木市に出没し過ぎ(^_^)v


今月3回会ってますけど、3回とも晩飯は茨木市でした。

そう。

大阪・北摂地域は奈良萬がアツい地域なのです。


皆さん、こぞって「奈良萬」を飲みましょう。


北摂と言えば「奈良萬」。

奈良萬と言えば「北摂」。


そんな方程式が数年前から定着している北摂地域。


素晴らしすぎます。



d0367608_16465667.jpg
北摂のみんな!

奈良萬をよろしく(^_^)v







ということで、先日お客さんに書いてもらった酒のPOPも、「奈良萬」がもっとも多かった。

奈良萬の中でも純米生“中垂れ”にはファンが多い。

d0367608_16490337.jpg

まあ皆さん飲んでみて。

北摂の酒屋に足を運んでくれるのであれば「奈良萬」は鉄板。

その鉄板酒を飲まずして、かどや酒店に足を踏み入れる事はできないかもしれない。

それくらい強制購入希望レベル酒。

皆さんお待ちしております。


d0367608_19081616.jpg
奈良萬の旬酒「ひやおろし」だってあるゼ。


そして。

東海林さんが尊敬する西田さん率いる「田酒」醸造元・西田酒造店さんより年1回のハイレベル純米吟醸到着。

山廃仕込みの純米吟醸。


d0367608_16491079.jpg

しかし。
これを飲んでも誰も山廃仕込みだとは分からない。

それくらいに緻密な味わい。

広がる香りが優しく華やかでエレガント。

ホントに山廃?

そう、ホントに山廃なんです。


720ml限定。

1本1728円(税込)。

店頭にて販売中。

おひとり様(1グループ様)1本にてお願いしております。

ハイクラスな味わいで2000円もしないという感動。

冷やしてワイングラスに注いで味わうもよし。

田酒山廃純米吟醸を飲む時間が、きっと貴方にとって至福の時となることでしょう(断言できる)。



d0367608_16492194.jpg
存在感抜群「若波FY-2」。

リンゴ酸炸裂。
なんでこんなに上品なのか。

ん~、悔しい。

こちらもワイングラスが似合うかもしれない。


d0367608_16491529.jpg

先日、この「〆張鶴純米吟醸山田錦」を燗にして頂きました。

久々に鳥肌が。

うん、これは本気で感動する。


次の酒の会ではこの酒を燗でみんなに飲んで欲しいわマジで。

やっぱり凄いぞ〆張鶴。新潟最高。




最後に。




この酒の本性がバレつつある。

「すさまじく旨いぞ」という事が。

前にお客さんが言ってました。

「なんで俺はもっと早くこの酒に出会わなかったんやろか」と。

そして私は答えました。

「遅くないです。今だから出会ったんですよ」と。


俺、エエ事言うてますやん(笑)
完全にイキってますやん(笑)


ということで、本性が明らかになってきている酒とは、


d0367608_16492865.jpg

大黒正宗吟醸なまざけ


関西灘の男前。

男前すぎてジェラシーもない。

手に届きそうなのにほんのちょっとだけ届かない存在の男前。

でもこの男前は体感すべき。

これはまずい。
バレてしまったこと、本当にまずい。

みんなコレを飲んで幸せになってしまうんじゃないかとドキドキしております。


やはり自慢できる。

大黒正宗吟醸なまざけ。




10月1日。
日曜日です。
そこら中でイベントあります。
きっとウチには誰も来てくれないでしょう。

知らんぷりをされるのも悲しく、寂しいものがありますので今から何かやろうか考えようと思うのですが手遅れで何も思いつきません。

ひとまず10月1日、来てください。
待ってます。
よろしくお願いします。




by kadoyasake2 | 2017-09-27 17:15 | 日本酒 | Comments(0)