鶴梅 夏みかん

胃を痛めてます。

精神的といえば、おそらく間違ってるでしょう。

毎日ある酒を、半分以上ストレートで飲んでます。

一度飲むと、ホントにハマる。

今このブログを書きながらこの酒の事を想像するだけで、口の中がジュワッとしてきます。






d0367608_18391237.jpg
「鶴梅 夏みかん」。


ホンマに困った酒です。

こんなに感動的なリキュールに出会うのは久々です。



和歌山の蔵元が和歌山の特産品を使ってリキュールを造る。


この方程式、素晴らしい。


「和歌山=みかん」

この図式が似合いすぎる。


私の親父の生まれ故郷が和歌山。


だから私も和歌山への愛は半端ではない。


だからこそ、縁あって出会った和歌山県海南市の平和酒造さんにはホンマに感謝。


平和酒造のリキュール「鶴梅シリーズ」。


難儀です。
もうホンマにアカン奴です。
全ての商品、果実感満載。
話にならないくらいにタマラナイ。
誰もがどうしてここまで感動するのか?

それは、やっぱり「果実感」だと私は断言する。


私が胃を痛めてしまう程に飲んでしまうアカン奴「鶴梅 夏みかん」。

これは確実に「大人の100%オレンジジュース」。



この前も試飲して買ってかえってくれた人が3日も経たないうちに


「これ、ホンマにアカン奴やん」と、プンプンに怒りながら、それも満面な笑顔で来られました。
そして、もう1本買って帰ってくれました。


一度飲んだらやめられない。

まさしくリキュール業界のかっぱえびせん。


ホンマにアカン。

こんなん商品化したらあかん。

誰もがビビる。
感動してしまう。
虜にしてしまう。

是非とも廃盤にしてほしい。


でも、虜になってる人が多すぎるから廃盤はやっぱるやめといてほしい。


d0367608_18391237.jpg
飲んでみて欲しい。

そしてハマってほしい。

売ってる酒屋を恨んで欲しい。

恨み続けて欲しい。

平和酒造の鶴梅シリーズを売ってる酒屋は全員グルじゃないかと思っててほしい。
それ、間違いじゃないから。


試飲できます。

当店スタッフの「すみこマジック」にて新たなる表情の「夏みかん」も体験していただけます。

ホンマアカン奴です。

困ったもんだ平和酒造。


このアカン奴を飲める幸せ。

夏限定だぞ。

夏を逃すと飲めないぞ。




1日で720mlを1本完飲した経験あり(3回ほど)。

でもこれは飲み過ぎ。

確実に胃を痛める。
だから酒は適量飲酒を心がけよ。


絶賛販売中。




[PR]
by kadoyasake2 | 2017-06-20 18:49 | Comments(0)