怒濤の週末。
関わってくださったすべての皆さんに感謝。


11月11日(土)はポッキーの日ですが、酒屋としてそれ以上の重要事項は「オーストリアワイン“ホイリゲ”の解禁日」である事。

そんな日を少しでも多くの方に知っていただきたく、11日(土)はワインづくしの1日。

昼間は解禁したホイリゲのヴィンテージ違いをグラス1杯300円にてアテと共に楽しんでいただきました。

問い合わせゼロでしたが、ご参加くださった皆様、じっくりご堪能いただけましたでしょうか?
ワインって実際にヴィンテージ違いで飲み比べてみるとホントにオモロいっすね。

d0367608_02015811.jpg
出来たての2017を味わってから2012まで順番にテイスティング。

いやー、オモロすぎ。

d0367608_02010046.jpg

そして夜はホイリゲをメインにしたワイン飲み会。

ワイン輸入元・ヘレンベルガーホーフさんと同じ町内にある当店。
ヘレンベルガーホーフの高橋さんに助けていただき、本当にオモロいワイン会になりました。
ありがとうございました。

高橋嬢、みんなからモテモテでしたねー。


コレは内緒の話ですが、これからちょっとしたワイン企画を高橋嬢を看板娘としていろいろやっていくことが決定しております。
皆さん、こうご期待。


そして翌日の日曜。

一部の人から支持を得ている「スミコとヤスコの有料試飲会」。

d0367608_11004847.jpg

ダサい名刺を持つ「スミコ」と、日本酒を愛しすぎてややこしい「ヤスコ」の凸凹コンビ2トップの企画。
グラス100円からさまざまな日本酒とアテを楽しめる昼酒企画。

かなりたくさんの方にお越しいただけたと聞いております。
お越しくださった皆様本当にありがとうございました。

「スミコとヤスコ企画」の時は基本的にワタクシは一切酒屋に顔を出しません。

なぜなら

「私が邪魔だから」(笑)


そう。
ワタクシ不要の企画なのであります。


スミコとヤスコのフリースタイル。

いつかこの企画に、私も一般客として参加してみたいと企んでおります。


で、この「スミコとヤスコ」企画の日、ワタクシ遠征しておりました。


d0367608_01564200.jpg

山梨県に行ってました。

「グレイスワイン」中央葡萄酒さんへ。

山梨県の茅ヶ岳山麓にある三澤農場さんへ。


今年2回目の訪問。


今年3月より開眼し、やっと自分から「知りたい」と思えるようになった日本ワイン。

d0367608_01564990.jpg

勉強しました。

しかし、やはり職業病でしょうか。
日本ワインを学べば学ぶほどに面白いし、日本酒と置き換えて考える事が多く、とにかく新しい発見が多くてワクワクします。

d0367608_01565693.jpg

グレイスワインさんのワイン、旨いっす。
ワインの事はまだまだ素人同然ですが、そんな私でもレベルが高いってのが分かります。

年末にかけてハイクラスなスペシャルワインが入荷してきます。
よかったらまた私のグレイスワイントーク、聞いてやってください。



その日、山梨から東京へ移動し、翌日は「菊鷹」醸造元の藤市酒造さんへ。


d0367608_01570368.jpg

蔵元の加藤さんと杜氏の山本さんに会いに行ってきました。

仕込み序盤ということもあって、山本さんまだ疲れは出ていないよう。

ひたすら加藤さんと山本さんと話をしまくりで、蔵見学など全然せずに喋って終了(笑)
ただ、すんげー本気トークが出来てかなりいい時間でした。

山本さんと出会って何年経つんやろか。
もう分かりませんが、彼の事が私は大好きで、彼の造る酒なら俺は何だってしっかり売るぜ!みたいな事を思わせてくれる男なんですよ。

是非応援してください。
無理矢理にでも私は皆さんに「菊鷹」を薦めますので覚悟しててください(^_^)


加藤さんとは一緒に昼飯を食いながら、本音トークが出来ました。
こんな弱小酒屋でも出来る事があるはず。

しっかり「菊鷹」を発信していきますよー!
皆さんやはり覚悟しててください(笑)


加藤さん山本さんありがとうございました。

29BY新酒、楽しみにしてますー!


d0367608_02283426.jpg
移動中、飛行機とか新幹線では寝ないようにしてるんですけど、とにかく楽しみなのが「本」。

今回はこの2冊。


d0367608_02293131.jpg

新大阪駅で積まれていた東野圭吾の「ウインクで乾杯」。

積まれてたから新刊かと思ったら2004年初版。

今年2017年。

13年の年月を経ても普通に支持され、読まれている東野圭吾ってスゲーと思いながらすぐに読破。

それからコレ。

d0367608_02283426.jpg

池井戸潤「陸王」。

日曜のドラマを見てオモロすぎて本を買った。

辞書みたいに分厚い本でしたが結局読破。


なんか、自分のとこの酒屋と照らし合わせてしまうところが多くて。


陸王と言えば、バイク好きにはコレでしょう。

d0367608_02344722.jpg
「陸王」と名付けられた和製ハーレー。

1950年代にハーレーが日本で作られてたそうです。
間違ってたらごめんなさい。

d0367608_02283426.jpg

池井戸潤の「陸王」は、足袋製造の老舗がランニングシューズ業界に新規事業参入し、さまざまな苦難を経験しながら、結局は「人とのつながり」で飛躍していくという話。

よかったですよこの本。


明日よりこの2冊は「かどや文庫」になりますので、ご希望あればレンタルいたします。


そんな本をじっくり読みながら、近鉄電車に乗り換えて向かったのは、


d0367608_01571145.jpg

「而今」醸造元の木屋正酒造さんへ。

大西さんに会いに行ってきました。

ひたすら喋ってオモロい話して、これまた進化している蔵を見せてもらって、まあ進化してます大西さん。

今月末に出る予定の新酒も楽しみです。

大西さんとは何やかんや言うて初めて会ってから結構何年も経ってて、その頃から蔵に行ってたり大西さんがウチに遊びにきてくれたり、一緒に酒飲んだり、蔵人さんがフラッとウチに寄ってくれたりと、なんかよう分からんですけど、そんな感じでした。

だから蔵に行く度に必ずどこか新しく進化しているのもよく分かったし、それ以上に大西さんの進化というか、「あぁ、俺も負けてられへんわ」みたいな、そう思える存在なんですよねー。


28BYでは、地元ブランドである「高砂」を進化させ、「而今」では出来ない事を「高砂」でやっていくというスタイルにて新しい「木屋正らしさ」を表現すべく奮闘しています。

当店店頭でも現在「高砂 純米大吟醸」を販売中。
大西さんの、木屋正酒造さんの新しい世界を是非ともこの機会に味わってみてください。


ということで、14日(火)は10時から19時まで営業いたします。

皆様のご来店を、当店スタッフ「すみこ」が心よりお待ちしておりますm(_ _)m




[PR]
# by kadoyasake2 | 2017-11-14 03:04 | Comments(0)

本日です。


相変わらず問い合わせありませんでした。


これだけ不人気の酒屋も非常に珍しい。


日頃の行いがすべて、「この現実」。


愛されるって難しい。



それでも待ってます。

17時までやってます。



15時頃からはワイン輸入元のヘレンベルガーホーフさんから女子「高橋嬢」が参戦。

スッカスカの店内に高橋嬢がひとりぼっち。


そんな光景は見たくありません。


サクラとして是非お越し頂きたい。

賑やかしとして是非お越し頂きたい。


切羽詰まっております。


おかげで昨日は夜中まで酒を飲んでしまいましたよ。





本日解禁のオーストリアワイン辛口白新酒をはじめ、2012年からのヴィンテージをいろいろお楽しみください。

エントリー不要。

是非お越しください。


【日時】2017年11月11日(土)13時~17時

【場所】かどや酒店店内 茨木市蔵垣内3-18-16

【参加費】無料

【内容】グラス1杯300円にて11/11解禁のオーストリアワイン新酒をお楽しみいただけます(ヴィンテージあり)


★ワインのアテを数点、100円よりご用意いたします

★スタンディングスタイルです

★泥酔禁止

★完全禁煙

★店の外に灰皿はありません

★試飲ご希望の方は徒歩または公共交通機関をご利用ください

みなさんどうぞよろしくお願い致します。


[PR]
# by kadoyasake2 | 2017-11-11 13:01 | Comments(0)

店頭抽選販売のご案内

久々に店頭抽選販売のご案内です。

本当は抽選販売という形を取らずして通常にて販売できればと思うのですが、入荷量が極端に少なく、ご興味を持って頂けるみなさまに平等にご購入頂ける機会をと思い、不定期にて受付させて頂いております。

ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

今回ご紹介させて頂けるお酒は、


d0367608_13161996.jpg

★田酒 純米吟醸 秋田酒こまち 1800ml 3050円


青森県・西田酒造店さんの限定酒となります。

秋田県の酒造好適米「秋田酒こまち」を使用した田酒、もしかしたらご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

このお酒は過去に1度だけ製造・出荷された事があります。
おそらくそれは4年とか5年とか前だったと思いますが、かなり驚くおいしさで、田酒ファンの皆様に楽しんで頂けた経緯のあるお酒でございます。

今回満を持して復活。

機会があれば是非とも味わって頂きたいお酒ではございます。

11/11(土)より店頭のみで受け付け開始いたします。

【受付期間】11/11(土)~11/19(日)
【受付場所】かどや酒店店内 大阪府茨木市蔵垣内3-18-16

受付方法等詳細につきましては店頭に掲示しておりますお知らせをご覧ください。


11/11(土)13時から17時まで店内にて開催しておりますオーストリアワインの有料試飲会にご参加くださる方もご応募頂く事が出来ますので、こちらもあわせてよろしくお願いいたします。

平日は19時までの営業、土日は18時までの営業となります。
この週末も皆様のご来店を心よりお待ちしております。



[PR]
# by kadoyasake2 | 2017-11-10 13:25 | 日本酒 | Comments(0)

今週末の昼間は当店店内にてオーストリアワインの有料試飲会。

この日解禁となるオーストリア白ワインの今期新酒「ホイリゲ」をはじめ、バックヴィンテージを同時開栓して、小グラス1杯300円にて有料試飲できる企画でございます。

ワインのアテも1品100円よりご用意いたします。

しかし。

この企画について1件のお問合せを頂けておりません(笑)

ヤバいです。

かなり不安です。

もしかしたらゼロかもしれません(笑)

15時くらいからは、このワインを輸入している会社の看板娘「高橋嬢」が参戦してくれるのですが、もし誰もいなかったら高橋嬢に面目丸つぶれです(笑)

同じブランドのものを2012年~2017年までの6年分を一気に開栓。

また、ワイン1本あたり4000円オーバーのワインを小グラス1杯300円で飲めるというのも、正直「原価に近い」ので、かなりお得じゃないかと私は思っているのであります。

当日は、ヴィンテージごとに、この年度の特徴などを含めたワインコメントを用意。

それをご覧頂きながら、いろいろ試してみてくださいね。

っていうか、問い合わせゼロなんで、誰もきてくれない可能性大(笑)

ホンマにピンチ。

小グラス1杯300円で、11月11日解禁のオーストリアワイン新酒“ホイリゲ”をお楽しみ頂けます。

また、当店にて熟成させておりましたバックヴィンテージの試飲もしていただけます。

有料試飲会では2012年から2017年までのヴィンテージをご提供。

ヴィンテージも価格は同じ。300円にてご提供。


エントリー不要。

是非お越しください。


【日時】2017年11月11日(土)13時~17時

【場所】かどや酒店店内 茨木市蔵垣内3-18-16

【参加費】無料

【内容】グラス1杯300円にて11/11解禁のオーストリアワイン新酒をお楽しみいただけます(ヴィンテージあり)

★ワインのアテを数点、100円よりご用意いたします

★スタンディングスタイルです

★泥酔禁止

★完全禁煙

★店の外に灰皿はありません

★試飲ご希望の方は徒歩または公共交通機関をご利用ください

みなさんどうぞよろしくお願い致します。


[PR]
# by kadoyasake2 | 2017-11-10 09:55 | ワイン | Comments(0)

★当店詳細★
かどや酒店 茨木市蔵垣内3-18-16 072-625-0787 http://kadoyasake.com
10:30~19:00(火~金)10:30~18:00(土日) 月祝定休 店舗の信号向い側に1台分の駐車スペースあり
★現在参加者募集中のイベント★ →https://coubic.com/kadoyasake/

★スタッフ募集中!

酒屋で一緒に働いてくれるアルバイトさん、パートさんを募集してます!

☆業務内容は接客・商品発送作業・簡単な倉庫整理など
☆1週間のうち、3~4日でもOK!曜日は応相談!
☆1日のうち、3~4時間でもOK!勤務時間は応相談!
☆時々、週末の土日出勤できるという方、大歓迎!
☆時給950円~昇給有り 試用期間あり


接客が大好きな方、人と接するのが得意な方、大歓迎!
お酒の知識が無くても大丈夫。
造り手さんの思いが詰まった素敵なお酒を一緒に広めていきましょう!


担当:かどもと 072-625-0787


当店スタッフ「すみこ」も皆様のご応募待ってます!!!





d0367608_18575971.jpg

今期出来たて新酒!


届いたでーーー!
俺はもう飲んだでーー!



★磐城壽しぼりたて1800ml 2057円



安すぎるやろー!


旨いでー!


初荷やでー!

縁起もんやでーー!


店頭販売開始したでー!


週末は「かどや」に来てやーーー!

磐城壽しぼりたてを買いに来てやー!







[PR]
# by kadoyasake2 | 2017-11-09 18:58 | 日本酒 | Comments(0)