大阪・北摂のスーパーでレジ袋の無料配布を中止!これは素晴らしい。

この記事をご覧ください。




素晴らしい。素晴らしすぎる。

消費者の立場としては便利悪いと思うこともあるかもしれんが、実はこれって大事な事。

ウチでもやるかもしれません今後。
それか、ちょっとコレをアレンジして、「かどや風」な形で何かするかもしれません。


袋って実は、バカにならんのですよ。

特に酒屋でよく使ってる一升瓶を入れるビニール袋、瓶を入れる以外に使い道あります?
どうです?

まだスーパーでもらった袋のほうが、ゴミ袋にしたり何やかんや使えますわね。

一升瓶の袋、家に帰ったら捨ててる人がほとんどですよね?
俺が消費者の立場やったら、確実に捨ててる。
それ以外に思いつかん。


当店に来てくださるお客さんで、素敵やなーって思う方がいます。

前回買ってくれた酒の瓶を、その時に瓶を入れた袋に入れて持ってきてくれるんです。

瓶の色にもよりますが、基本一升瓶はリユース出来ます(茶瓶と緑瓶)。
当店では、茶瓶と緑瓶の一升瓶を持ってきてくれたら、1本につき5円お渡ししております。

で、瓶を持ってきてくれる際に入れてる袋も再利用させて頂いております。

見事、ゴミゼロ。
素晴らしい。


自前の手提げ袋を持ってきてくれる方も多いです。

「袋いいよ、持ってきたから」と。

ん~、男前。
素晴らしい。

こんなスタイルがもっともっと広がればと思う。


ということで何が言いたいかというと、瓶を持ってきてくれない人がアカンとか袋を持ってきてくれない人がアカンとか、そういうことじゃなくって、私たちは実は何でも過保護にされてるとこがあって、その過保護を「当たり前」と思ってしまってて、それに何ら疑問を持たなくなってしまってることが多すぎるんじゃないかと思うんですよ。

IKEAに行ったら、袋くれないですもんね。
レジ前に売ってますもんね。

イオンも有料ですよね。

「え~、有料??マジかよ」

私も前はそう思ってました。

袋をもらうのが当たり前になってて疑問すら持たなかったんですよね。


昔、飲食店さんがオープンする時にビールメーカーや酒メーカーは、自分のとこの商品を売って欲しいから「看板を協賛で作りますよ」「冷蔵庫も提供しますよ」と、とにかくシェア争いが凄かった。

そこで飲食店さんも、たくさん協賛をくれるメーカーさんのビールや酒を売ることに決め、看板から冷蔵庫から無料でもらってたんです。

これもまた過保護で、何ら疑問すら持たなかったはず当時は。

酒屋もそう。
酒屋の看板は、ビールメーカーか酒メーカーに言えば無料で作ってくれた。


当時はホント「売ってやるから看板作ってくれよ」「ウチが宣伝してやるから冷蔵庫も頼むよ」みたいな感じで、お互いの立場が「おかしかった」。

でもある時からメーカー全て、そういう協賛をやめた。

そしたら、それまで普通に看板から冷蔵庫から無料でもらってた酒屋や飲食店さんがアタフタしだした。

当たり前と思ってた自分にやっと気づく事が出来たと思うんです。

ただ、メーカーさんが英断してくれたおかげで、昔はビールメーカーの画一的な看板ばかりが街の中にありましたけど、今は協賛がなくなり、自分たちで看板を作る事になったので、個性溢れる看板とかがたくさんありますもんね。



なので、話を戻すと、「スーパーで袋が有料」になるというのは実はホントにエエ事だと思うんです。

何かに気づくチャンスなんだと思います。



ウチも、数年前まで「酒の化粧箱無料」「ラッピング無料」「紙袋無料」ってやってました。
今は全て有料にさせていただいてます。

数年前まで、こんなんやってました。
これを復活させてもエエかもしれんな。


「『袋いりません!』って言ってくれたら1円お返しいたします」


スーパーでやってるとこもあるもんな。
これ復活するのエエかも。


考えよう。




[PR]
by kadoyasake2 | 2018-02-06 19:20 | Comments(0)